MotoGP2021 ポルトガルGPにおけるミシュランのタイヤガイド

MotoGP2021 ポルトガルGPにおけるミシュランのタイヤガイド

MotoGP2021 ポルトガルGPにおけるミシュランのタイヤガイドミシュランが解説するポルトガルGPにおけるFP3〜予選までのタイヤの使われ方をご紹介する。なお、FP3、FP4共にポールポジションを獲得したファビオ・クアルタラロがトップタイムを記録している。

FP3では路面温度は約30℃、FP4、予選では路面温度は約40℃だった。FP3ではライダー達のタイムが今週末で初めて2020年を超えた。数名のライダー達は前後のソフト、リアタイヤをテストしているが、最終的には多くのライダーにとってレースタイヤは前後はミディアムで落ち着きそうだという。
MotoGP2021 ポルトガルGPにおけるミシュランのタイヤガイド

フロントタイヤ

ソフト:グリップは十分でタイムアタックには最適だが、レースには柔らかすぎる
ミディアム:グリップがありソフトより安定感がある。旋回性能とコンスタントさに優れる
ハード:ミディアムよりしっかりとしたサポートを提供
MotoGP2021 ポルトガルGPにおけるミシュランのタイヤガイド

リアタイヤ

ソフト:グリップは十分でタイムアタックには最適だが、レースには柔らかすぎる
ミディアム(2020年のレースタイヤ):グリップとコンスタントさに優れ、多くのライダーにとっての最適解のタイヤ
ハード:トラック温度が35℃を超えた場合はレースタイヤとなる可能性があるMotoGP2021 ポルトガルGPにおけるミシュランのタイヤガイド

(Source: michelin)

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事