★MotoGP2017サンマリノGP 決勝結果

サンマリノGP決勝結果です。決勝レースはウォームアップ同様にレインコンディションで行われ、気温18℃、路面19℃の中でレースが行われました。雨の中レースをリードしたのはDucatiのロレンソ選手。2列目スタートから抜群のスタートで一気にトップに立ってレースをリードします。しかしロレンソ選手は6周目を走行中にハイサイドで無念リタイア。これでこの時点2位だったペトルッチ選手がトップに立ちます。また同じタイミングでクラッチロー選手も転倒していますが、クラッチロー選手は再スタートすることが出来、最終的に13位でレースを終えました。

Sponsored Link

その後は大きな展開は特になくレースが進む中でイアンノーネ選手がピットイン、そのままレースを終えています。動きがあったのは最終ラップ。マルケス選手がペトルッチ選手を交わして首位に浮上し、そのままゴール。これで1位マルケス選手、2位ペトルッチ選手、3位ドヴィツィオーゾ選手、4位ビニャーレス選手、5位ピッロ選手、6位ミラー選手、7位レディング選手、8位リンス選手、9位フォルガー選手、10位スミス選手となりました。

ザルコ選手は途中まで7位でしたが、最後ガス欠で押していたため15位となり、冷えたコンディションでタイヤに熱を与えることに苦戦したペドロサ選手も14位という結果でした。マルケス選手はこれで9ポイントあったドヴィツィオーゾ選手との差を詰めて、アラゴン戦をドヴィツィオーゾ選手と同ポイントの状態で迎えることとなります。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 クラッチロー「全てのサーキットで速く走る事が出来ると証明出来た。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「さらに結果を求めていく」
★MotoGP2017 困難を極めるロレンソとDucatiの変革
★MotoGP2017アルゼンチンGP アブラハム「Ducatiはいつだって素晴らしいバイク」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ザルコ「バウティスタに付いていけなかった」
★MotoGP2017アメリカGP ポル・エスパルガロのリタイア原因はクラッチトラブル
★MotoGP2017フランスGP 予選5位マルケス「セットアップにもう少し時間が必要」
★MotoGP2017カタルーニャGP ロレンソ「フロントのグリップをいかに維持できるかが鍵」
★MotoGP2017オランダGP予選3位 ペトルッチ「難しいコンディションだった」
★MotoGP2017ドイツGP 10位クラッチロー「今シーズンで最もがっかりしたレース」
★MotoGP2017 ジャック・ミラー2018年はPramac Ducatiから参戦
★MotoGP2017ミシュラン ドイツGP決勝レースリリース
★MotoGP2017チェコGP イアンノーネ「後半戦は前半戦よりも良い結果を残す必要がある」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「事前テストでは良いベースセットアップが出来た」
★MotoGP2017ミシュラン オーストリアGP決勝レースリリース
★MotoGP2017アラゴンGP ザルコ「ロッシより後ろのライダー達は恥じるべき」
★MotoGP2017 Ducati”サラダボックス”の中身はマスダンパー?ジャイロスコープ?
★MotoGP2017日本GP クラッチロー「2人共無事だったことが重要」
★MotoGP2017 最終戦でドヴィツィオーゾがチャンピオンシップ優勝する可能性はあるのか?
★MotoGP2017バレンシアGP 3位マルケス「ドヴィの転倒は残念。彼からは多くを学んだ」