★MotoGP2017 8/8時点でのポイントスタンディング

チェコGPが終わった時点でのポイントスタンディングをご紹介します。トップに立っているのはマルク・マルケス選手。チェコGPでの素晴らしい判断によってポイント差を14ポイントに広げました。2位でマルケス選手を追うのはビニャーレス選手。3位はドヴィツィオーゾ選手。ビニャーレス選手を7ポイント差で追います。4位のロッシ選手はドヴィツィオーゾ選手との差が1ポイント。今週末のレース次第ではランキング3位に浮上することになるでしょう。5位ペドロサ選手は首位のマルケス選手と31ポイント差。まだまだチャンピオンシップ優勝を狙える位置と言えます。

Sponsored Link

6位ザルコ選手以降は、少し離される形で7位フォルガー選手、8位ペトルッチ選手、9位クラッチロー選手、10位ロレンソ選手が接近しています。11位のバウティスタ選手以降はほぼ均等な並び方となっており、スズキのイアンノーネ選手は16位となっています。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ミラー「カタールに戻ってくるのが待ち遠しい」
★MotoGP2017 ビニャーレス「戦闘力は高いと思っている」
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「まだやることは沢山ある」
★MotoGP2017カタールGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017カタールGP4位 マルケス「ミディアムタイヤに変更したのは失敗」
★MotoGP2017 トップライダー達はロサイルの再舗装を希望
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「トップ10を逃したのは残念」
★セーフティーコミッション 2016年フロントタイヤの使用はアメリカズGPへ持ち越し
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「チャレンジングな1日だった」
★MotoGP2017ミシュラン アルゼンチンGP決勝レースリリース
★MotoGP2017アメリカGP Q1結果
★MotoGP2017アメリカGP7位 イアンノーネ「完走を優先してレースを終えた」
★MotoGP2017ヘレスGP Q2結果
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「ル・マンは非常に重要なレースになる」
★ニッキー・ヘイデン 事故から2日経過も容態は好転せず
★MotoGP2017フランスGP 予選2位ロッシ「新しいアスファルトが良い仕事をしている」
★MotoGP2017 Ducatiジジ・ダッリーニャ「今はチャンピオンシップ争いは考えていない」
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「新しいフェアリングは明らかに利点がある」
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「2019年はDucatiファクトリーで走りたい」
★MotoGP2017オーストリアGP 選手達がウェット走行での危険性を指摘