★MotoGP2017アラゴンGP 決勝結果

アラゴンGP決勝結果です。レースは2番手スタートのロレンソ選手が抜群のスタートからホールショットを決めます。ロレンソ選手がトップを走る中で、ロッシ選手が2番手、ドヴィツィオーゾ選手が序盤にプッシュして3番手まで浮上して後を追います。マルケス選手も徐々に順位を上げて4位を走る展開。

Sponsored Link

チャンピオンシップを考えるとトップ集団に追いつきたいビニャーレス選手ですが、5番手からペースが上がりません。17周を残したところでマルケス選手がドヴィツィオーゾを抜いて3位に浮上。残り11周でマルケス選手がロッシ選手を交わして2位に、ペドロサ選手がビニャーレス選手を抜いて5位に浮上します。ペドロサ選手はその後も素晴らしいペースで追い上げます。

その後残り8周でついにマルケス選手がロレンソ選手を捕らえてトップに浮上。ペドロサ選手も追い上げを続けてロッシ選手を抜いて3位まで浮上。最後に大きな動きがあったのが残り3周の時点で、ビニャーレス選手がロッシ選手を抜いて4位に浮上。ペドロサ選手がロレンソ選手を抜いて2位に浮上します。レースはこのまま最後まで進み、レプソルホンダのワンツーという完全勝利となりました。

最終的な順位は優勝マルケス選手、2位ペドロサ選手、3位ロレンソ選手とスペイン人が表彰台を独占。4位ビニャーレス選手、5位は怪我の影響を感じさせない素晴らしい走りを披露したロッシ選手、6位アレイシ・エスパルガロ選手、7位はドヴィツィオーゾ選手となり、これで首位のマルケス選手との差は16ポイント。8位バウティスタ選手、9位ザルコ選手、10位ポル・エスパルガロ選手となりました。




(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 レディング「久しぶりに速く走れると感じた」
★MotoGP2017 マルケス「アルゼンチンはタイヤライフに注意が必要」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「貴重なポイントを持ち帰る事が出来た」
★MotoGP2017アメリカGP ペドロサ「ポジティブな点に集中したい」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「レースに備えつつプッシュが必要な時はプッシュ出来る」
★MotoGP2017フランスGP ロレンソ「デスモセディチが自分のバイクという感覚が強くなっている」
★MotoGP2017フランスGP ザルコ「M1は表彰台を獲得出来るポテンシャルがある」
★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「腹部と胸部にまだ痛みがある」
★MotoGP2017イタリアGP クラッチロー「全体のパフォーマンスには満足している」
★MotoGP2017イタリアGP ザルコ「レースでソフトタイヤを使用出来るかもしれない」
★MotoGP2017 来年のアメリカGP開催は100%確実
★MotoGP2017ドイツGP アレイシ・エスパルガロ「土曜に備えて色々と試している」
★MotoGP2017ドイツGP 12位ペトルッチ「アプリリアは凄いオファーを持ってきていた」
★MotoGP2017ヘレスサーキット 再舗装を8月までに完了の予定
★MotoGP2017チェコGP マルケス「ブルノはフィジカル面で要求の多いトラック」
★MotoGP2017チェコGP フォルガー「ポジティブな初日の後の2日目が楽しみ」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「F1のように”ロリポップマン”の仕組みを導入するのはどうか?」
★MotoGPでも”オイル燃焼”によるパフォーマンスアップが可能なのか?
★MotoGP2017バレンシアGP 決勝レース結果
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 スズキ