SBK第13戦カタール FP2 3位バウティスタ「全体的なフィーリングとペースは良い」

Ducatiでの最後のレースとなるバウティスタはFP1でトラックを理解、FP2でペースを上げてきた。ユーズドタイヤで多少問題があるものの、全体的なフィーリングは良いという。

アルヴァロ・バウティスタ

「トラックコンディションをしっかり理解する必要があるとは言え、ロサイルの人工の太陽のもとで走るのはいつも最高ですね。FP1のコンディションは良くなかったんですが、しっかりと周回をこなし、パニガーレV4Rで走るために理解を深めました。FP2ではバイクのリアグリップ改善に力を入れました。ユーズドタイヤを使用して少し走った後にバイクの挙動が大きくなるという問題がありましたが、全体的なフィーリングは良くてペースも良いので嬉しいですね。」

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)