Mission Winnow Ducati Team 2020年のチーム体制を発表

Mission Winnow Ducati Team チーム体制を発表

23日にDucatiはボローニャでMission Winnow Ducati Teamのチーム体制を発表した。イベントにはアンドレア・ドヴィツィオーゾ、ダニーロ・ペトルッチ、CEOのクラウディオ・ドメニカーリ、Ducatiコルサのジェネラル・マネージャーであるルイージ・ダッリーニャが登場。2020年にMotoGP世界選手権で戦うGP20を披露した。2020年のカラーリングは眩しいレッドとブラック、クロームをあしらったスタイリッシュなものだ。

Mission Winnow Ducati Team 2020年のチーム体制を発表
Mission Winnow Ducati Team 2020年のライダー、バイクギャラリー9

Ducati CEO クラウディオ・ドメニカーリ

「技術が我々の生活を大きく変えていますが、Ducatiにとってレースは常に会社の基盤となるものです。このような状況で成功を収めるためには研究開発を進めることが重要ですが、レースはその中で大きな要因を占めます。Ducatiが市販車、レースの研究開発に投資した資金、新しいモデルを生み出すために投入した資金を合計すると、収益の10%を超えています。

「パニガーレV4は2020年に新しくなりましたが、このモデルもまたレース活動がなければ生まれることはなかったでしょう。逆回転クランクシャフトを採用したエンジン、電子制御、効率的なエアロダイナミクスフェアリング、ウイングレットなどは、素晴らしい技術を持ったジジと、彼が率いるMotoGPスタッフによるものです。
「Ducatiが唯一MotoGPに参戦しているイタリアンカンパニーであることだけではなく、2002年から続く選手権で唯一勝利を重ねているヨーロッパメーカーであることを誇らしく思っています。また、Ducatiはイタリアのモーターバレー(Motor Valley※自動車、バイクメーカーが集まる地域)を代表する企業であることを誇らしく思います。ここには僅か150kmのエリアの中にフェラーリ、ランボルギーニ、マセラティ、ダラーラ、パガーニ、そしてDucatiが集っています。」

技術の探求者であるDucatiにとって、イタリア人の知識、技術、すべてのドゥカティスタが持つ情熱を示していくということがレースへの原動力です。この場をお借りして、すべてのパートナー、スポンサーに感謝したいと思います。そしてアンドレア、ダニーロ、ジジ、そしてチームすべてのメンバーの素晴らしい活躍を期待しています。素晴らしい満足感、競争力をしっかりと発揮出来るシーズンに出きればと願っています。」

ルイージ・ダッリーニャ

「2019年は既に過去のものとなりました。2019年はアンドレアが3年連続でライダーズランキング2位となり、表彰台を9回、2勝を果たしています。同時にダニーロはDucatiが過去3年間優勝しているムジェロでの優勝で素晴らしい感動を与えてくれました。こうした記録を獲得してはいますが、最終的な目標であるタイトル獲得を達成していませんので満足したとは言い難い状況です。

2020年は年間20戦となり、ライバルもさらに強力になることでさらにタフなシーズンとなるでしょう。ですから、今まで以上に高いコミットメントでミッションに向かう必要があります。こうした理由から、この冬はアンドレア、ダニーロが全てのレース、全てのコンディションで高い戦力を発揮出来るよう、デスモセディチGP20の開発を進めてきました。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

Mission Winnow Ducati Team 2020年のチーム体制を発表

2019年は興味深いシーズンで、2020年にさらに成長するために多くを理解することが出来ました。昨年はマルク・マルケスに続いて3度目となるチャンピオンシップ2位を獲得しています。マルク・マルケスは昨年明らかに素晴らしい走りをしていましたが、自分達も持てるポテンシャルを出し切ってベストを尽くしました。」
Mission Winnow Ducati Team 2020年のチーム体制を発表
「毎年それぞれにストーリがありますから、2020年はどのような1年になるかわかりません。我々のゴールは明確で今年もまたタイトル獲得を狙っていきます。Ducatiも自分も今まで以上の戦力を発揮するために全力を尽くしています。昨年と比較してライバルはより強力になるでしょう。しかしDucatiも今まで以上に成長しています。今年もまた素晴らしいシーズンになると確信しています。」

ダニーロ・ペトルッチ

Mission Winnow Ducati Team 2020年のチーム体制を発表
2019年は後半に苦戦したもののポジティブな1年でした。結果から見れば自分にとってはMotoGPクラスにおいて最高の1年だったと言えるでしょう。ムジェロで初優勝をすることが出来ましたが、ホームレースで多くのファン、Ducatiファンの前での勝利となりました。この結果が自分にとって大きな自信となり、今年さらに成長したいというモチベーションとなりました。今年はライバルがさらに強力になってくるのは間違いないでしょうが、それは自分もまた同様です。毎年、毎シーズン成長を続けています。今年は昨年の結果を上回っていきたいと思いますね。」


(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)