★マン島TT2017 マイケル・ダンロップ 新型GSX-R1000の高い性能を早くも証明

スズキのマイケル・ダンロップ選手はGSX-R1000でマン島TTの予選で素晴らしい走りを披露しています。ダンロップ選手が速いのはいつものことですが、実は今回は2017年型GSX-R1000にとってはマン島TTの初陣となります。ダンロップ選手自身も新型R1000でマン島TTを走るのは今回が初めてとのことで、既にスーパーバイククラス2位の性能は、今後に大きな期待を持たせてくれます。

Sponsored Link

今年のマン島TTレースの予選が遂にスタート。マイケル・ダンロップとBennettsスズキチームはすぐさま新型GSX-R1000で素晴らしいペースを発揮。

ダンロップの最高ラップは125.680mphを記録するもので、スーパーバイククラスで2番手となった。最速のタイム(ハッチンソン)からは僅か2秒以内の差であり、マン島TTコースが初めてであるにも関わらず、既に新型バイクの性能が高いことを証明した。

チームはマン島TTにGSX-R1000を持ち込むにあたり多くの変更を加えている。今月上旬に行われたノースウェスト200での4位に続き、昨晩のダンロップのオープニングラップは、開発が続く車両の最新のスペックでの初走行となった。

マイケル・ダンロップ

「いいスタートです。ここに新型バイクを持ち込んだ唯一のチームですが、既に高い競争力があります。ノースウェストの後にメカニックが少しマシンに手を加えているんです。セットアップに関してはまだやるべき作業がありますが、ようやくTTがスタートしたのは良いことです。ここで初めてバイクを走らせるのは重要でした。良い2ラップでしたし、まだまだこれからです。」

チームマネージャー スティーブ・ヒッケン

「非常に良いスタートです。マイケルはマン島でこのバイクはライディングした事がありませんでした。ですから、ここでいきなり走行してこうして戦闘力を発揮出来たのは、今日に関して予想していた以上の結果です。正直今日に関してはもう少し後ろの順位でもおかしくありませんでした。新型バイクを持ち込んで十分な走行時間がなからったわけですから。ただ、バイクはまさにそうであるべきという動きをしてくれましたし、まだ始まったばかりです。」

マン島TTのスーパーバイククラスの練習走行は、1位イアン・ハッチンソン、2位マイケル・ダンロップ、3位ダン・ニーンとなった。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 イアンノーネ「目標はトップライダー達と一緒に走ること」
★アンドレア・イアンノーネ タイのバンコクモーターショーを訪問
★マン島TT 2017年度のプログラムは2バージョン
★スズキ 2018年モデル GSX-S1000 ABS 7月発売予定
★MotoGP2017スズキ リンスのレース復帰は6〜8週間後の見込み
★MotoGP2017ヘレスGP イアンノーネ「リーダーとの差が大きすぎる」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント チームスズキECSTAR
★マン島TT2017 スーパーバイククラスでダンロップがトップタイムを記録
★マン島TT2017 RSTスーパーバイクにおいてイアン・ハッチンソンが優勝
★MotoGP2017カタルーニャGP イアンノーネ「どこまで競争力を発揮出来るか」
★MotoGP2017 ケビン・シュワンツ「イアンノーネが本気でやっているとは思えない」
★MotoGP2017チェコGP イアンノーネ「ピットレーンでの転倒が無くても冴えないレースだっただろう」
★新型スズキ隼は2018年には登場しない?
★MotoGP2017オーストリアGP リンス「GSX-RRをオーストリアで試すのが待ち遠しい」
★MotoGP2017イギリスGP イアンノーネ「昨年のデータが役に立つ」
★MotoGP2017サンマリノGP リンス「イギリスのレースは自信を深める上で重要だった」
★MotoGP2017サンマリノGP イアンノーネ「レインスーツがキツすぎた」
★MotoGP2017 スズキMotoGP いつになったらどん底に達するのか?
★スズキ 四輪車、二輪車、船外機が2017年度グッドデザイン賞を受賞
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 初日の遅れを取り戻すべく作業を進めたスズキ