ミシュラン バレンシアGP決勝レースレビュー

ミシュランはバレンシアにおいて、マルク・マルケスが新たなレースレコードを記録して優勝、ホンダに3冠をもたらすのを見届けました。土曜の予選でファビオ・クアルタラロが6度目となるポールポジションを獲得しましたが、スタートではこの位置を活かせず、ジャック・ミラーがホールショットを奪います。



ファビオ・クアルタラロは1周目をリードすると、続く7周レースをリードしますが、マルケスがプレッシャーをかけます。マルケスは8周目にクアルタラロをオーバーテイク、その後誰にもリードを譲らずレースを終えました。マルケスの勝利によってレプソル・ホンダはライダーズ、コンストラクターズに続いてチームタイトルを獲得し、3冠を達成しました。このレースでマルケスは同時にレースラップレコード、とレースレコードを樹立しています。

ミシュランは全てのメーカーが素晴らしいレースが出来るタイヤを供給することを目指していますが、今日もまた異なるメーカーが表彰台を飾りました。ヤマハのファビオ・クアルタラロが2位となり、Ducatiのジャック・ミラーが3位を獲得しました。ファビオ・クアルタラロは同様に独立チームライダーで年間1位を獲得し、さらにルーキー・オブ・ザ・イヤーも獲得しています。またペトロナスは独立チームチャンピオンでも優勝し、これでペトロナスヤマハもまた3冠に輝いています。

今週末は冷たい風が一番の問題で、トラックの気温はわずかに16度ながら、ミシュランPower Slickは素晴らしい性能を発揮。4,005mのリカルド・トルモでライダーに必要なグリップを提供しました。レースでは3種類全てのリアタイヤがテストされ、フロントはミディアムのみが選択されています。

4位を獲得したのはアンドレア・ドヴィツィオーゾ、5位アレックス・リンス、6位マーべリック・ビニャーレス、ジョアン・ミールが7位、バレンティーノ・ロッシは8位となり、アンドレア・イアンノーネが9位、ポル・エスパルガロが10位で、これによって6メーカー全てがTOP10に入る形となりました。

また、99,212人の観客は5度の世界チャンピオンであるホルへ・ロレンソの最後の走りを見ることが出来ました。ホルへ・ロレンソは木曜日に引退を発表、ファン、その他のライダー達、チームから盛大に見送られました、ミシュランもまた、ホルへ・ロレンソの将来が素晴らしいものであることを願っており、彼が残してくれた多くの思い出に感謝をしたいと思います。特に2016年にミシュランがMotoGP参戦再開した年、開幕戦カタールで見事に優勝したロレンソの姿は思い出深いものです。MotoEはダブルヘッダーで開催され、マッテオ・フェラーリが記念すべき初年度のチャンピオンに輝いています。

ミシュランはバレンシアに残り、火曜日と水曜日に開催される2020年テストに備えます。このテストの翌週にはヘレステストが2日間開催されます。このテストでは、今シーズンフィリップアイランドでテストされた新しいリアタイヤのテストが行われ、来シーズンのアロケーションへの追加のための評価が行われます。2020年シーズンの開幕戦は来年3月8日のカタールとなります。MotoEは5月3日のヘレスにおいて開幕戦が開催されることとなります。

マルク・マルケス

「素晴らしいレースの週末でした。ミシュランのタイヤテクニシャンにとっても非常に難しいコンディションでしたが、素晴らしい作業をしてくれました。午前中は非常に冷たい中で、風もトラックもかなり冷えこんでいましたが、タイヤは素晴らしい働きをしてくれました。トラックが非常に冷えている時、気温が上がって来た時の両方に使えるタイヤが用意されていたのも良かったですね。」

シーズンを最高の形で終えるには優勝が一番です。素晴らしい働きをしてくれた全てのミシュランスタッフに感謝したいと思います。多くの人がミシュランの中で働いており、それぞれのスタッフがMotoGPに最高のタイヤを供給しようとしてくれているんですからね。」

2輪モータースポーツグループ・マネージャー:ピエロ・タラマッソ

「最高の形でシーズンを締めくくることが出来ました。気温は今週ずっと低く、タイヤはグリップを発揮するために十分な熱を発揮することが必要でした。レースではリアの全てのコンパウンドが使用され、フロントはミディアムのみが使用されました。3種類のタイヤ全てが十分使用可能なオプションであり、3月にタイヤアロケーションを考えた時点で予想した冬のコンディションにピッタリでしたね。」

「今シーズン素晴らしい働きをしてくれたミシュランの全てのスタッフに感謝をしたいと思います。今年は今日の2つを含め、新たな記録を記録出来た素晴らしいシーズンでした。来週ヘレスに移動する前に、火曜から2020年テストを開始します。来年のリアタイヤのアロケーションを考える前にいくつか確認が必要な点があるんです。必要なデータを収集出来るように晴天を望んでいます。また、2021年から投入予定のフロントタイヤのテストも予定しているんです。」

「MotoEは人気のシリーズとなり、初代チャンピオンに輝いたマッテオ・フェラーリを祝福したいですね。今日はまた、ホルへ・ロレンソの最後のレースでもありました。彼はミシュランタイヤで走る中で、いくつもの素晴らしいインプットを与えてくれました。ミシュランを代表して彼の献身的な作業に感謝すると共に、彼が引退後に素晴らしい人生を送れることを願っています。」


(Source: michelin)

(Photo courtesy of michelin)