マイケル・ファン・デル・マーク 2020年末でPata Yamahaとの契約を終了

セパン8時間耐久レース マイケル・ファン・デル・マーク「総合7位を獲得出来たのは驚き」

マイケル・ファン・デル・マークとPata Yamahaは2020年シーズン末に契約を終えることがわかった。マイケル・ファン・デル・マークはヤマハで2017年から参戦を開始、2021年からの参戦も期待されていたが、2021年は別チームからの参戦となる。

マイケル・ファン・デル・マークはデビューシーズンにヤマハで2つの表彰台を獲得、総合6位を獲得。2018年はドニントンパークでFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)初優勝を達成。オランダ人として初めてのFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)優勝ライダーとなった。2019年はヘレスでヘレスのレース2で優勝、7つの表彰台を獲得して総合4位となった。

2020年は既に開幕戦が行われているが、マイケル・ファン・デル・マークは3つのレース全てで、惜しくも表彰台を逃している。マイケル・ファン・デル・マークは引き続き2020年はヤマハで優勝を狙っていく。

2021年にマイケル・ファン・デル・マークがどのチームに向かうかは不明だ。現在FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)で来季ラインナップが決定しているのはKRTのみだ。

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of yamaha-racing)