チェコGP 14位マーべリック・ビニャーレス「ヤマハで戦ったレースでは最低の結果」

マーべリック・ビニャーレス

マーべリック・ビニャーレスは5番手からスタートするが予選位置を活かせず、バイクのフィーリングも上向くことがないままにレースを終えた。マーべリック・ビニャーレスは終始フィーリング不足に苦しみ、最終的に14番手となった。チャンピオンシップスタンディングではファビオ・クアルタラロに続いて2位となっている。
マーべリック・ビニャーレス

ダメージは最低限にすることが出来た

マーべリック・ビニャーレス

「ヤマハでのレースにおける最低の結果です。何が起きたのか正直わかりません。今朝は良いフィーリングがありましたし、ユーズドタイヤでラップタイムも良かったんです。しかしレースでは1周すらもペースを維持することが出来ませんでした。序盤からグリップが不足していて、どんどん悪化していったんです。バイクのライディングが非常に難しい状態で、出来たことはとにかく完走することだけでした。」

「あれ以上無理をしていたとしたら、ゼロポイントになっていた可能性もあります。ですから2ポイントを獲得出来ただけでも良しとしましょう。良い面に目を向ければ、まだチャンピオンシップ2位となっています。ダメージは最小限にすることが出来たと言えるでしょう。何が起きたのかデータを確認してオーストリアに向かいたいですね。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of michelin)