マルク・マルケス 右上斜筋麻痺について保存療法を数週間継続

マルク・マルケス 右上斜筋麻痺について保存療法を数週間継続

保存療法を継続

10月に練習中の転倒で頭を打ち、バルセロナのDexeusクリニックで診察を受けた結果、右上斜筋麻痺の関与を疑う第四右神経の麻痺によって複視の状態にあったマルク・マルケス。引き続き医師の元を訪れているが、保存療法を今後数週間続けることとなった。

Advertisement
イギリスGP 初日総合5位マルク・マルケス「転倒で目に入った砂で、目のコンディションが悪化している」

保存療法とは手術を行わずに、内服、リハビリ、注射などの療法で症状の改善を図るものだ。外傷など後天的な上斜筋麻痺の場合、多くの場合は複写を治療するための斜視手術が一般的とされるが、根本的に手術が難しいのか、別の事情があるのか否かは明らかにされていない。

マルケスは引き続き眼科医サンチェス・ダルマウの定期的な診察を受けることとなるが、来シーズンに向けてのフィジカルトレーニング自体には影響しないようだ。

(Source: HRC)

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事