★MotoGP2018 ロッシの冬季テストのヘルメット モチーフはメキシコのビーズアート

今年もウインターテストの季節がやってきましたが、今年のロッシ選手のウインターテストのカラーは、メキシコのウイチョール族の民芸品のビーズアートがモチーフです。なお、このウイチョール族のカラフルなアートは、ペヨーテと呼ばれる幻覚サボテンを食べて見えてくる幻覚を表現しようというアートらしいです。

Sponsored Link

ロッシ選手は休暇でメキシコを訪れた際にこのビーズアートからインスピレーションを得たようで、この美しいビーズアート風のAGV Pista GP Rヘルメットが誕生しました。なお、AGVはこのヘルメットを限定生産するとのこと。ヘルメットには、雪の結晶、亀、蛇などが見てとれますね。

バレンティーノ・ロッシ

「ウイチョール族のアートには一瞬で虜になりました。このアートは自分のシンボルである太陽だとか月、亀を使用しているんです。メキシコの人達がビーズでやっているように、ビーズを使ったカラー、模様を再現しようと努力しました。ただ、もちろんそこには自分のテイストも盛り込んでいます。ヘルメットは素晴らしい仕上がりです。アルド・ドルディは素晴らしい仕事をしてくれました。ダヴィデ(※ Drudi Performanceのグラフィクス、カラーリングマネージャー)はビーズを筆で1つ1つ描いていったんですよ!このヘルメット自体がもはやアート作品ですよね。今までにこんなのは見たことがありません。」





<AGV>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ヤマハ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★世界耐久選手権(EWC) ル・マン24時間耐久レース写真ギャラリー
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ロッシ「新しいシャーシも大きな効果はない」
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「ヤマハの高いグリップを最大に活かしたい」
★MotoGP2017イタリアGP ザルコ「レースでソフトタイヤを使用出来るかもしれない」
★MotoGP2017イタリアGP 7位ザルコ「イアンノーネを抜くのに手こずった」
★プレストコーポレーション 在庫限りで取扱終了モデルのご案内
★ヤマハ 二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した台数限定のロードスポーツモデル 「YZF-R3/R25」Movistar Yamaha MotoGP Editionを発売
★ヤマハ 「&Y01」が「グッドデザイン賞」「iF Design Award」に続き世界的デザイン賞「Red Dot Award」コンセプト部門初受賞
★MotoGP2017イギリスGP ロッシ「良い週末にして表彰台を狙いたい」
★MotoGP2017イギリスGP 予選2位ロッシ「レースペースは良いとは言えない」
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシの驚異的な走りにライバルから賞賛の言葉が集まる
★MotoGP2017オーストラリアGP ロッシ「ザルコをファクトリーバイクに乗せるのはちょっと。。」
★MotoGP2017バレンシアGP ロッシ「2017年型のM1で走っていて快適だったことは一度もない」
★ヤマハ発動機 超精密ペーパークラフト「YA-1」の予告ページを更新。1955年に「第一回浅間高原レース」が行われた場所で撮影を敢行。
★MotoGP2018バレンシアテスト 1日目結果
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ロッシ「ヤマハはやるべきことが沢山ある」
★MotoGP2018ヘレステスト2日目 中上「今からマレーシアのテストが楽しみ」
★ヤマハ株式会社 ヤマハ発動機の株式を800万株売却
★MotoGP2018 アッセンTTサーキットに新たなグランドスタンドが登場