★カワサキからニューモデル「Z900RS CAFE」登場

株式会社カワサキモータースジャパン(本社:兵庫県明石市、代表取締役社長:寺西 猛)は、2018年ニューモデル「Z900RS CAFE」を2018年3月1日(木)に発売いたします。
【URL】http://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z900rs/

Sponsored Link

【 Z900RS CAFE 】

レトロスポーツ、Z900RSに新たなバリエーションモデルをラインナップ。始動した瞬間から乗り手を昂ぶらせるエキゾーストサウンド、滑らかに加速するエンジン特性、自然なハンドリングなど、すべてが感性とリンクするライディングフィールを提供します。外観はよりスポーティな雰囲気を高めたカフェレーサー仕様。フロントカウルやローポジションハンドルを装備し、スタンダードモデルとは一味違ったオートバイライフを楽しめます。車体のデザインには専用のカラー&グラフィックを採用。Z1からインスピレーションを受けたティアドロップフューエルタンクやエンジンカバーをはじめ、テールカウル、ホイール、ボルト類に至るまでこだわりも随所に盛り込まれています。エンジンはカワサキ伝統の並列4気筒を搭載。低中速回転域でのトルクを重視した特性でパワーと扱いやすさを高い次元で両立しています。エンジンカバーはすべてアルミダイキャスト製で高級感を演出。特有の光沢を放ち美しさを際立たせます。また、サスペンションには倒立フロントフォークとホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションを装備。高いスポーツ性と快適性を獲得しています。さらにライダーサポート技術、カワサキ・トラクション・コントロールやマルチファンクション液晶パネル、LEDヘッドライトなど先進のテクノロジーや高性能な装備を多数採用。ストリートを悠然と走るだけでも楽しく、ツーリングやスポーツ走行など、様々なシーンでそのレトロモダンな魅力を十分に感じる事が出来るモデルになっています。

※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
※当モデルはABS装着車です。2018年モデルよりABS装着車はモデル名称から“ABS”を除いて表記させていただきます。

■スタンダードモデル(Z900RS)からの主な変更点
・カラー&グラフィックの変更
・フロントカウルの採用
・ローポジションハンドル(ブラック塗装)の採用
・カフェレーサースタイルの段付きシートを採用
・マフラーボディーカバー、エキゾーストパイプカバー、サイレンサーにヘアライン仕上げを採用
・短縮したミラーステーを採用
・ヘッドライトハウジング上部に専用デカールを採用
・エンジンカバーに専用エンブレムを採用

【 主な特徴 】

・標準装備されたETC2.0車載器キット
・低中速域での力強さと扱いやすさが特性の948cm3水冷4ストローク並列4気筒エンジン
・エンジン性能向上に貢献するダウンドラフトタイプのスロットルボディ
・空冷エンジンをイメージし、シリンダーヘッドに施したフィン
・Z1をモチーフにしたエンジンカバーとクラッチカバー
・ライダーを昂ぶらせるよう、研究されたエキゾーストサウンド
・軽快且つ自然なハンドリングを実現する完全新設計の軽量トレリスフレーム
・優れた快適性に貢献するφ41mm倒立フロントフォーク
・高い快適性とスポーツ性能を併せ持つホリゾンタルバックリンクリヤサスペンション
・コントロール性に優れたラジアルマウントフロントブレーキ
・安定した車体の挙動維持をサポートする為に搭載されたカワサキ・トラクション・コントロール(KTRC)
・軽い操作感とバックトルクリミッター機構を備えたアシスト&スリッパークラッチ
・レトロなデザインを演出するサイドカバーとサイドカバーエンブレム
・ブラックアルマイトコーティングが施されたアルミニウム製ニーグリップカバー
・伝統のスタイルと現代の技術を融合させた丸型LEDヘッドライト
・Z1をオマージュしたデザインのLEDテールランプとテールカウル
・レトロな雰囲気と先進の機能を持たせた2眼メーターとマルチファンクション液晶パネル
・確実なシフトチェンジをアシストするギヤポジションインジケーター
・スポークホイールスタイルのデザインを採用したスタイリッシュなキャストホイール
・アルミダイキャスト製サポートを用いた3ピース構造のフロントフェンダー
・カフェレーサースタイルの専用シート

【 アクセサリー 】

優れた機能性を持つスタイリッシュなアクセサリーを多数ご用意しています。
※主な発売予定品
・フロントアクスルスライダー
・フレームスライダー
・タンクパッド
・ラジエータスクリーン
・グラブバー
・サイドグリップ
・グリップヒーター
・フロントフォークキャップ
・タンクエンブレム(KAWASAKI)
・オイルフィラーキャップ
・センタースタンド
・インジケーターカバー





<株式会社カワサキモータースジャパン プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★Vyrus 986 M2遂に市販化 価格は303万円
★ホンダ ロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」のスタイリングを刷新し走りを熟成させ発売
★ホンダ 新型クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」を発売
★スズキ アメリカで2輪駆動スクーターに関する特許を発表
★スズキ ターボチャージャー搭載のバイクを米国特許商標庁に登録
★MV AGUSTA(MVアグスタ)新形モデルと思われる「RVS」の動画を効果
★マン島TT2017 カワサキ/ジェームス・ヒリアー シニアTTでのスーパーセーブ
★Ducatiの新型V4スーパーバイク、今年秋ごろには登場か?
★「あなたがもう一度聞きたいエンジン音」投票で選ばれた懐かしのレーサーレプリカ(250cc)2台の動画を公開!!
★ケーシー・ストーナー Ducati新型パニガーレV4 Sをバレンシアでテスト
★ヤマハ “Neo Retro”ロードスポーツ「XSR900 ABS」の新色を発売
★ホンダ 50㏄原付スクーター「タクト」のカラーバリエーションを変更するとともに国内排出ガス規制対応を施し発売
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてPCX HYBRIDを出展
★Norton Commando 961 Californiaを発表
★ヤマハ EICMAでMT-09SPを発表
★ヤマハ EICMAで2018年型MT-07を発表
★BMW EICMAでBMW C400Xを発表
★BMW EICMAでK1600 Grand Americaを発表
★2018年型 DucatiパニガーレV4 についてわかった24のこと
★ホンダ 第14回デリーオートエキスポ 2018でニューモデル「X-Blade(エックスブレイド)」と新型「Activa(アクティバ)」を世界初公開