★MotoGP2018優勝予想アンケート 結果発表

28日までMotoGPの2018年のシーズンに関してアンケートを行っていましたが、最終的に493のご回答をいただきましたので、その結果をご紹介させていただきます。ご回答いただいた皆様、どうもありがとうございました!

2018年のタイトル獲得最有力候補はマルケス

まず、「2018年にワールドタイトルを獲得するのは誰?」という質問に対しては、40.8%の方がマルケス選手であると回答。2番目に多かったのはアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手で24.8%の方がドヴィツィオーゾ選手がタイトルを獲得すると回答しています。こちらのアンケート自体、カタールの開幕戦が終了した後に行ったものでしたので、当然のことながら両選手への回答が集中したようです。

Sponsored Link

マルケス選手に関しては今年はマシンに関してはエンジンの改良などもなく、エレクトロニクスに関しても、2017年始めにDucatiからHRCにエレクトロニクスエンジニアが加入した事で、HRC内でエレクトロニクスの理解が大きく進んでいるようです。例年苦戦していたカタールでのスピードもあり、現時点では文句なしに2018年のタイトル獲得の最有力候補であると言えるでしょう。

一方のドヴィツィオーゾ選手はGP18の仕上がりの良さもそうですが、スタートを失敗した状態ながら落ち着いて追い上げる巧みなレース運びが伺えました。マルケス選手が速かったというのも確かな事実ですが、レース全体の流れを支配していたのはドヴィツィオーゾ選手であったと言えるでしょう。

3番目に回答が多かったのはバレンティーノ・ロッシ選手で19.5%でした。ロッシ選手はカタールGPのレースウィークにヤマハと2年間の契約延長を発表。今までも「日曜の男」と言われてきたロッシ選手ですが、カタールにおいても金曜からの苦戦が嘘のように安定した走りで3位を獲得しました。

4番目に多かったのはダニ・ペドロサ選手で4.9%、ザルコ選手が3.7%、ビニャーレス選手が3.5%、ロレンソ選手が2.9%でした。

昨年はシーズン序盤に圧倒的な速さを発揮し、タイトル獲得も可能かと思えたビニャーレス選手は、今年はシーズン前から苦戦が続いています。ビニャーレス選手は決勝では素晴らしい追い上げを見せましたが、ここ数年のMotoGPは一昔前と異なり、後半の追い上げだけではレースで勝てません。序盤にトップグループにいる事が表彰台獲得の絶対条件で、そこから後半にさらにペースを上げていけるかどうかが肝になっています。

2018年のマニュファクチャラーズ タイトル獲得最有力候補はホンダ

「2018年にマニュファクチャラーズ タイトルを獲得するのはどのメーカー?」という質問に関しては55.1%の方がホンダと回答。ホンダの場合はマルケス選手に加えペドロサ選手、クラッチロー選手もスピードを発揮しており、今年はそこにモルビデッリ選手、中上選手も加わります。ルティ選手も恐らく後半にスピードを発揮してくるでしょう。

ヤマハとDucatiは23.1%、21.8%と回答が拮抗していますが、ヤマハはビニャーレス選手の成績が現時点では予想が出来ないこと、テック3のライダーがフォルガー選手からルーキーとなるハフィズ・シャーリン選手になったことなどから、ホンダよりも獲得ポイントは少ないと予想した方が多かったようです。その中でもザルコ選手はタイトル争いに加わるかもと予想されるほどですので、昨年よりも多くのポイントを獲得してくれそうです。

Ducatiはドヴィツィオーゾ選手が安定感を発揮していますが、今年Ducatiに自分の速さを見せたいペトルッチ選手も忘れてはいけません。ロレンソ選手も今年が2年目ということで昨年よりも全体的に良いレースをしてくれるはずです。その他にもDucatiの乗り換えてからポジティブなコメントが目立つジャック・ミラー選手、ティト・ラバト選手も、ポイント圏内での走行が増えるでしょう。

なお、スズキ、KTM、アプリリアに関しては、残念ながらマニュファクチャラーズ タイトル獲得の可能性は限りなくゼロに近いため、そもそも選択肢に入れていません。

今年のMotoGPも多くのライダーが優勝を分け合う波乱のレース展開に期待

ミシュランがシングルサプライヤーとしてタイヤを供給し、共通のECU、エレクトロニクスを使用するようになったMotoGPは、今までよりもメーカー間、選手間の差が小さくなったことで格段に面白くなりました。2016年シーズンに関しては史上初めて年間に9人の優勝ライダーが生まれるという大波乱のシーズンでした。

2017年は5人のライダーが優勝していますが、2018年に関しては35%の方が6人のライダーが優勝するだろうと回答しています。また、5人と回答した方、7人と回答した方は23%ずつという結果でした。

今年は年間19戦になったことで、例年よりも1戦多くMotoGPを楽しめるわけですが、将来的には20戦、もしかすると22戦まで増えるかもと言われています。なお、次回のレースとなる第2戦は、アルゼンチンのテルマス・デ・リオ・オンドにあるアウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンドにおいて、4月8日に開催されます。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2018 ヤマハ セパンにおいてプライベートテストを実施
★2019年にポルトガルでMotoGP開催の可能性
★Moto Americaを制したトニ・エリアス 「マルケスはロッシと良く似ている」
★MotoGP2018 カルメロ・エスペレーター「当然、バレンティーノのことは贔屓にしている」
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 クラッチロー「タイムを出した時のフィーリングは良くなかった」
★MotoGP2018 3クラスの全選手を対象に健康診断を実施
★MotoGP2018 スコット・レディング「トップ6を獲得したい」
★MotoGP2018 カタールテスト2日目 14位ロレンソ「フロントに自信が持てなくなってしまった」
★MotoGP2018 アレイシ・エスパルガロ 2018年シーズンのスタジオ写真
★MotoGP2018カタールGP 予選3位ペトルッチ「1列目を獲得出来るとは思っていなかった」
★MotoGP2018カタールGP 予選6位リンス「自分にとっては最高の予選結果」
★MotoGP2018カタールGP ロッシ「年寄りじゃないと証明するために走ってるわけじゃない」
★MotoGP2018アルゼンチンGP バウティスタ「昨年の4位と同じような結果を出すことが目標」
★MotoGP2018アルゼンチンGP クラッチロー「ザルコのスタイルにホンダのバイクは合わないと思う」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 予選7位アレイシ・エスパルガロ「ニュータイヤが残っていれば1列目は狙えた」
★MotoGP2018アルゼンチンGP クラッチロー「エンジンが強力になったことでコーナーでのリスクが減った」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 4位ミラー「今週末の内容には満足している。」
★MotoGP2018アメリカGP モルビデッリ「全てが学習のためのプロセス」
★MotoGP2018アメリカGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2018アメリカGP 4位ロッシ「表彰台争い出来ると思っていたがフロントが限界だった」