★MotoGP2018イタリアGP ホアン・ミル「MotoGPチームとまだ契約は結んでいない」

木曜プレスカンファレンスにおいても、ロッシが「現時点で最も注目を集めている選手」と語っていたホアン・ミル。スズキとの契約が済んだのでは?という報道もありましたが、ミルのマネージャーによると完全な誤報とのこと。話を聞く限りはレプソル加入が濃厚なのではという気もしますが、果たして。。

Sponsored Link

ホアン・ミル

「マネージャーが多くのファクトリーチームと話しているのは知っています。でも契約自体はまだですし、出来る限り早く契約を結べればと思っています。」

ホアン・ミル マネージャー パコ・サンチェス

今週末に契約をまとめることが出来ればと思っています。最大で待ってもカタルーニャまでです。ムジェロまでに話をまとめたかったんですが、こういった種の契約ごとは簡単ではないんです。ジャーナリストによっては既にミルは契約済みだと伝えていますが、これは完全な誤報です。契約が実際に交わされるまでは、契約交渉がどこまで進んでいても契約が無いのと全く同じです。私達は契約を実際に交わした後に真実をお伝えします。」

「ホアンがスズキと契約を結んだという一報があった3時間後にHRCからオファーをもらいましたし、次の日はDucatiから電話がありました。つまり契約はいずれも交わされていないんです。現時点で3つのファクトリーと話をしていますが、彼らもまた4名から5名くらいの経験豊富な素晴らしいライダー(ペドロサ、ロレンソ、イアンノーネ、ペトルッチ)と話をしているんです。もしホアンが彼らにとって優先順位1位のライダーであるなら、私達がどこかのメーカーと契約を結んだ後に、すぐさまリストで2番目のライダーの確保に向かうでしょうね。」

「シーズン序盤にDucatiから連絡があった際は彼らはPramacのシートに関して話をしていましたが断ったんです。ル・マンではパオロ・チャバッティとジジ・ダッリーニャからファクトリーチーム加入について電話をもらいました。モルビデッリはMoto2でタイトルを獲得しましたが、現時点では苦戦していますし彼のポテンシャルを証明出来ずにいます。ホアンは今やMoto2タイトルなしにダイレクトにファクトリーチームに行こうとしていますが、これがマーケットなんです。」

契約金に関しては気にしておらず、ベストなバイクとベストな環境、パッケージを用意することを考えています。現時点で最高のライダーの横でこそ大きく成長出来ると思います。マルケスの横であれば彼を負かすなどというプレッシャーを感じることなく走れるでしょう。マルケスほどのレベルではないアレックス・リンスやドヴィツィオーゾの横では、チームメイトを負かすというチャンスが早く訪れる(訪れてしまう)可能性があります。しかしレプソルの場合は完全に話が異なります。完全な推測ですが、2年間でマルケスは2つから3つタイトルを増やし、KTMかヤマハ、Ducatiで新しいチャレンジを欲するかもしれませんしね。(※そしてミルがレプソルのエースライダーとなる)」

(Source: crash.net)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link