★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム ル・マン24時間耐久は6番手スタート

明日行われる世界耐久選手権(EWC)の第2戦ル・マンにおいて、スズキ・エンデュランス・レーシング・チームは6番手スタートとなります。なお、明日の1戦はスズキにとって亡きAnthony Delhalle選手に捧げる1戦となります。良いレースを期待したいですね。

Sponsored Link

世界耐久選手権(EWC)のディフェンディングチャンピオンであり、現在のポイントリーダーのスズキ・エンデュランス・レーシング・チームは、明日のル・マン24時間耐久 第40回大会を6番手でスタートする。

スズキ・エンデュランス・レーシング・チームのライダーであるVincent Philippe、Etienne Masson、Alex Cudlinは今日のセッションで、フランスはル・マンある4.18kmのブガッティ・サーキットを走行し、彼らが操縦するGSX-R1000のセッティングを行なった。

Masson、Cudlinの両名は今日の走行で大幅にタイムを向上するも、Philippeは昨日と同様のタイムを記録。チームとしての合計の平均タイムは、ポールポジションを獲得した2016年のル・マン勝者であるSRC カワサキから1.047秒遅れ。

明日の決勝レースは、スターティンググリッドに立つスズキ・エンデュランス・レーシング・チームにとって、そして他チームにとっても、プレシーズンテストで命を落としたスズキ・エンデュランス・レーシング・チームの元メンバーであるAnthony Delhalle不在の、胸が痛むイベントとなる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★スズキ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「リアグリップを改善出来れば可能性あり」
★MotoGP2017アルゼンチンGP リンス「足の痛みがなければ。。」
★MotoGP2017アメリカGP7位 イアンノーネ「完走を優先してレースを終えた」
★MotoGP2017スズキ リンスのレース復帰は6〜8週間後の見込み
★USヨシムラ GSX-S750用Alpha Tストリートシリーズ・ワークスフィニッシュステンレススリップオンマフラー
★MotoGP2017ヘレスGP 予選5位イアンノーネ「2列目スタートは良いレースをするのに重要」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント チームスズキECSTAR
★オッシャースレーベン8時間耐久 予選1日目総合結果
★MotoGP2017 イアンノーネ「ル・マンでは完走することが大事だった」
★スズキ 新型GSX-R600とGSX-R750の登場は2018年以降
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から5時間での順位
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から6時間での順位
★MotoGP2017 いかにイアンノーネのような選手の状況を解決するのか?
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング3年連続でポールポジションを獲得
★鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連勝、GMT94ヤマハが世界耐久選手権においてチャンピオンシップ優勝
★MotoGP2017オーストリアGP16位 リンス「思っていたようにタイヤをキープ出来なかった」
★MotoGP2017イギリスGP 9位リンス「コンスタントに向上している」
★MotoGP2017サンマリノGP イアンノーネ「良い結果を残せることを願っている」
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 波乱の幕開け