★MotoGP2017ヘレスGP 予選23位 津田「レースの中で多くを学びたい」

リンス選手の代役で出場している津田選手は予選は残念ながら最後尾となりました。日本のトップレベルの選手と言えど、初めてのMotoGP、初めての予選で限られた時間の中でタイヤの限界を探していくというのは、想像以上に難しかったようです。

Sponsored Link

予選23位 津田拓也

「MotoGPクラスでソフトタイヤを履いての”タイムアタック”というのは始めての経験でした。ラップごとに限界を確認しながらの走行となりました。最後にもっとプッシュ出来るんだとわかったんですが、残念ながらさらに良いパフォーマンスを出すには時間が足りませんでした。MotoGPのレベルは高いんだと想像していましたが、世界のトップの選手達とトラックで一緒に走るとその差をより感じますし、全てが物凄いですね。最後尾スタートに関しては嬉しくありませんが、レースの中でさらに多くを学びたいと思います。そして出来る限り多くのライダーをオーバーテイクしたいと思います。そしてこの経験をバイクの開発に活かしたいと思います。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Ducatiファクトリー写真ギャラリー
★MotoGP2017 イアンノーネ「良い形で妥協点を見つける事が出来ていない」
★MotoGP2017カタールGP FP3結果
★MotoGP2017カタールGP 決勝結果
★MotoGP2017開幕前アンケート結果発表
★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「週末に向けて準備は出来ている」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「カタールのように最高の形でレースを迎えたい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロレンソ「ソフトタイヤを履いたのが間違いだった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP Q1結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「貴重なポイントを持ち帰る事が出来た」
★MotoGP2017アメリカGP予選1位 マルケス「明日は最適なタイヤを選ぶ事が重要」
★MotoGP2017 ウェイン・レイニーが語るロッシとビニャーレス
★MotoGP2017ミシュラン 5月1日、2日にル・マンでタイヤテストを実施
★MotoGPはバレエなのか、それともバトルなのか?
★MotoGP2017 5/10時点でのポイントスタンディング
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント チームスズキECSTAR
★MotoGP2017 セテ・ジベルナウ「最高のダニはこれから」
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「現時点で何かを犠牲にするのは構わない」
★HRC ニッキー・ヘイデン選手の逝去について