★MotoGP2018 セパンテスト1日目 ALMA PRAMAC RACINGの2人が4位、5位タイムを記録

今年もファクトリーライダーと同様に最新型のデスモセディチGP、GP18を操縦するペトルッチ選手、ホンダからGP17に乗り換える形となったミラー選手は揃って好タイムを記録。両者共に自分のバイクに満足しているようです。今シーズンはミラー選手がDucatiでスピードを発揮しそうで楽しみですね。

Sponsored Link

セパンテスト初日4位タイム ダニロ・ペトルッチ

「こういう形でスタート出来たことを本当に嬉しく思います。MotoGPバイクに2ヶ月乗らないで迎える初日というのは緊張するものなんですが、素晴らしい結果ですね。新しいバイクはとても気に入りました。直感的に操作出来ますし、サーキットの色々な部分でよりプッシュすることが可能です。取り立ててものすごく良くなった、悪くなったという点はありませんが、全ての操作が楽に出来ます。エンジンはとても滑らかですし、そのおかげで直感的にライディング出来ます。」

セパンテスト初日5位タイム ジャック・ミラー

「レースペースでハードに作業をしました。同時に詳細をステップ・バイ・ステップで詰めながらね。異なるタイヤも試しましたが、これも良かったですね。ミディアムタイヤでのペースは非常にポジティブで、ソフトタイヤを履いてセッション後半にさらに向上することが出来ました。フィーリングは本当にポジティブです。まだ本当に初日の段階ですが、バイクは本当に満足したと言えます。」

<ALMA PRAMAC RACING>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ロレンソ「徐々にライディングが容易になってきている。」
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「目標は常にDucati最高位でレースを終えること」
★MotoGP2017カタルーニャGP ドヴィツィオーゾ「何を期待すれば良いかわからない」
★MotoGP2017日本GP 優勝ドヴィツィオーゾ「最後まで諦めなかったのが鍵」
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ドヴィツィオーゾ「旋回性がもう少しアップすれば、毎週末戦える」
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー ホルへ・ロレンソ
★MotoGP2018 アレックス・リンス「新しいエンジンにかなりのパワーを感じた」
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 Ducati
★MotoGP2018 アンドレア・イアンノーネ「忍耐と集中が成功への道」
★MotoGP2018 ジジ・ダッリーニャ「セパン、ブリーラムでバイクの方向性を決め、カタールで最終調整をする」
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 ミラー「タイムも素晴らしいがバイクのフィーリング良いことが嬉しい」
★MotoGP2018 トーマス・ルティ「バイクとタイヤに関して理解が進んだ」
★MotoGP2018 タイテスト3日目 22位ロレンソ「新しいシャーシにはネガティブなポイントがある」
★MotoGP2018 カタールテスト3日目 2位ロッシ「ヤマハはエレクトロニクスで苦戦が続いている」
★MotoGP2018 KTM「テック3が2019年からKTMのサテライトチームとなる」
★MotoGP2018カタールGP FP1結果
★MotoGP2018カタールGP FP2結果
★MotoGP2018カタールGP 決勝結果
★MotoGP2018 イアンノーネ「カタールでは自分は大人の対応が出来ていた」
★MotoGP2018アメリカGP マルケス「今シーズンはまだ長い。トップで走行出来るポテンシャルはある」