★MotoGP2018アルゼンチンGP 予選7位アレイシ・エスパルガロ「ニュータイヤが残っていれば1列目は狙えた」

アプリリアのRS-GPは以前からリアタイヤへの攻撃性が低く、レース後半の戦闘力は高いと言われてきています。今回はアレイシ選手が7位、他の選手もドライセッションでどのタイヤを履けば最後までタイヤが保つのか手探りである状態を考えると、序盤のスピード、ペースに問題がなければ、アプリリアが良い位置に来る事も十分に考えられるでしょう。

Sponsored Link

アレイシ・エスパルガロ

「嬉しいですね。多くの変更を加えて昨日よりもバイクの動きは良くなりました。ですから、Q1ではこうしたコンディションでも良い感触でした。もしニュータイヤを使うことが出来ていれば、ポールポジション、1列目は可能だったでしょう。ただ、Q1から走ってきたので十分な数のニュータイヤがありませんでした。このレインタイヤはトラックが乾いてくると、簡単にオーバーヒートしてしまうんです。ですから、高速ラップとタイヤを冷やすラップを交互に織り交ぜる必要がありました。」

「ただ、これは大丈夫です。これもレースの一部ですから。それに3列目スタートというのは、明日のスタートに向けて悪い位置ではありません。アプリリアはリアタイヤへの攻撃性が低いので、レースの終盤でもタイヤは十分に残っているんです。トラックも好きですし、明日のレースでは良い結果を出せるでしょう。」

(Photo courtesy of michelin)

<アプリリア プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2018 バレンティーノ・ロッシ「引退したら人生が退屈になってしまいそうで怖い」
★MotoGP2018 ヘレステスト3日目結果 イアンノーネが再びトップタイム
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 KTM
★2018年のMotoGPの見どころ(その4) 2018年シーズンは成功が絶対条件のロレンソ
★MotoGP2018 ロレンソ「トラックを見つめる目は2つより4つのほうが良い」
★MotoGP2018 Team Suzuki Ecstar 2018年チーム体制発表 全文書き起こし
★MotoGP2018 トーマス・ルティ「バイクとタイヤに関して理解が進んだ」
★MotoGP2018 スズキ セントゥール・インターナショナル・サーキットで行われたイベントの動画を公開
★MotoGP2018 テック3クルーチーフ ニコラス・ゴヨン「フォルガー欠場後に担当した中ではシャーリンが1番」
★MotoGP2018 カタールテスト2日目 4位ザルコ「優勝争いにはあと0.3秒足りない」
★MotoGP2018 ダニー・アルドリッジ 2018年のフェアリングデザインについて語る
★MotoGP2018カタールGP ザルコ「レプソルホンダに加入出来たら。。レプソルホンダはドリームチーム」
★MotoGP2018カタールGP リンス「テストと同様に良いフィーリングを得られた」
★MotoGP2018カタールGP アレイシ・エスパルガロ「ペースには満足しているが、予選タイムが課題」
★MotoGP2018 現時点でのストーブリーグの話題あれこれ
★MotoGP2018カタールGP ドヴィツィオーゾ「冬の間の改善内容を確認出来た」
★MotoGP2018ミシュランタイヤ カタールGP決勝レースリリース
★MotoGP2018 チームSUZUKI ECSTAR カタールGPのショートビデオを公開
★MotoGP2018アメリカGP モルビデッリ「全てが学習のためのプロセス」
★MotoGP2018アメリカGP イアンノーネ「目標はポールポジションを獲得すること」