★MotoGP2018アルゼンチンGP 予選11位ロッシ「ドライならばよいペースで走行出来る」

予選11番手となったロッシ選手は、ドライならドライ、ウェットなら完全なウェットのコンディションになって欲しいと言います。4列目とスタート位置は厳しいですが、またしても日曜に奇跡を起こせるでしょうか。

Sponsored Link

バレンティーノ・ロッシ

「こうしてウェットタイヤを履く必要があるが、路面はどんどん乾いていくというコンディションで、自分にとって厳しい1日でした。かなり問題を抱えています。プッシュしようとする度にフロントが滑りそうになるんです。予選の始めにはスムーズに走行しようとしました。ラップタイムを改善出来ましたが、トップの選手達と走るには十分ではありませんでした。改善作業が必要ですが、何よりも明日がフルドライになるかフルウェットになるかを祈る必要があります。そうであれば非常に快適なんですが、このようなミックスコンディションは本当に難しいんです。自分はフルドライのレースになって欲しいですね。ドライであれば、良いレースをするための十分なペースがあります。」

<モビスターヤマハ プレスリリース>

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 ビニャーレス「バイクに上手く適応出来ている」
★MotoGP2017 困難を極めるロレンソとDucatiの変革
★MotoGP 2017アルゼンチンGPのブレーキングをブレンボが徹底解説
★MotoGP2017アルゼンチンGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アルゼンチンGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「ビニャーレスが初めからここまで速いのには驚いた」
★MotoGP2017ドイツGP ザルコ「夏休み前に再度表彰台を獲得出来れば最高」
★MotoGP2017 バレンティーノ・ロッシ「3台目の2017年型M1を走らせるメリットは大きい」
★MotoGP2017チェコGP ビニャーレス「良いフィーリングがある時は全てが上手くいく」
★MotoGP2017 ロッシ「7位でレースを終えてチャンピオンシップ争いは語れない。」
★MotoGP2017日本GP 6年連続で中須賀がワイルドカードで日本GPに出場
★MotoGP2017マレーシアGP 決勝3位ザルコ「ソフトタイヤを選んだのが表彰台獲得の鍵だった」
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 マルケス「2018年のプロトタイプエンジンは良い感触」
★MotoGP2018 タイテスト初日 11位ビニャーレス「現状は正しい方向性が見つかっていない」
★MotoGP2018 タイテスト2日目 5位ザルコ「3日目に29秒台は目指せると思う」
★MotoGP2018 マルク・マルケス 2018年シーズンのスタジオ写真
★MotoGP2018カタールGP マルケス「ライバルとの差は少ない。あらゆる状況を最大限に活用したい」
★MotoGP2018カタールGP 9位イアンノーネ「フロントに自信を感じることが出来なくなった」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 予選14位ロレンソ「ミディアムの代わりにソフトタイヤを装着されてしまった。。」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 写真ギャラリー