★BMW EICMAで完全新型となるS1000RRを発表

BMWはEICMAで完全新型となったBMW S1000RRを発表しました。エンジンは新設計となるもので、BMWのシフトカムテクノロジーを採用。これは吸気側のバルブタイミングでバルブストロークを可変させるもの。これによってエンジン出力は205馬力、各部の軽量化によって装備重量で197kgを達成しています。

Sponsored Link

BMW S1000RR主な特徴

・4kg軽量になった4気筒エンジンはBMWシフトカムテクノロジーを搭載。吸気側のバルブタイミングとバルブストロークを可変させる。
・出力とトルクが向上し205馬力を13,500回転で、113 Nmのトルクを11,000回転で発生する。
・トルクの向上を中低速域で達成したことでドライバビリティーが向上。
・新開発のサスペンションはフレックスフレームと呼ばれる特徴を持つ。
・ハンドリング向上のためにサスペンションのジオメトリーを変更。これにより明確なトラクションのフィードバックを実現。
・ダイナミック・ダンピング・コントロールは新型バルブをオプション装備。電子制御サスペンションとしてさらに進化。
・各部の軽量化によって装備重量で軽量化され197kgに。Mパッケージは193.5kgとなる。
・新型エキゾーストは1.3kg軽量となった。
・新型6軸センサー装備。

・ダイナミック・トラクションコントロールが標準装備に。
・DTCウイリーファンクションが標準装備に。(調整機能はオプション)
・エンジンブレーキコントロールは調整式
・ABSプロが標準装備に。
・ライディングモードはレイン、ロード、ダイナミック、レースとなり、ProモードはオプションとなりRace Proというモードを1〜3段階で調整出来る。
・Proモードにはローンチコントロール、ピットレーンリミッターが装備。
・シフトアシストプロが標準装備になり、シフトパターン切り替えが可能。
・クルーズコントロールがオプションとして装備。
・6.5インチの新型インストゥルメントパネルを装備。
P90327367_highRes
P90327365_highRes
P90327364_highRes
P90327364_highRes
P90327362_highRes
P90327364_highRes
P90327360_highRes
P90327358_highRes
P90327357_highRes
P90327354_highRes
P90327353_highRes
P90329147_highRes
P90327389_highRes
P90327388_highRes
P90327387_highRes
P90327386_highRes
P90327385_highRes
P90327384_highRes
P90327383_highRes
P90327382_highRes
P90327381_highRes
P90327380_highRes
P90327379_highRes
P90327378_highRes
P90327377_highRes
P90327376_highRes
P90327375_highRes
P90327374_highRes
P90327373_highRes
P90327371_highRes
P90327370_highRes
P90327369_highRes
P90327368_highRes
P90327356_highRes
P90327355_highRes
P90327824_highRes
P90327823_highRes
P90327822_highRes
P90327821_highRes
P90327820_highRes

(Source: BMW)

(Photo courtesy of BMW)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link