★マン島TT2017 スーパーバイククラスでダンロップがトップタイムを記録

土曜の朝に行われたマン島TTの予選セッションでは、スズキのマイケル・ダンロップ選手がスーパーバイククラスのトップタイムを記録。また、ただ1人平均速度131マイル(約210km/h)を記録する素晴らしい走りを披露しています。

Sponsored Link

土曜の朝に行われた予選セッションでは、マイケル・ダンロップがBennettsスズキでスーパーバイククラスにおいて17分16.361秒というラップタイム、131.062mphという速度を記録してトップ。ダン・キーンがアタック1周目で130.22mphでこの時点で2番手となる。彼は続けて130.324mphを記録した。

ハッチンソンは1周目は振るわなかったが、2周目にはセッション全体で3位となり、130.327mphを記録。タイムではSmiths Racingのピーター・キックマンに0.302秒及ばなかった。マイケル・ラッターはBathams SMT Racingのマシンで130.036mphを記録。5番手となり、トップ5台のうち4台目のBMW、130mphの壁を破った5人目のライダーとなった。

スーパーストッククラスのライダー達で130mphを超える事が出来た選手はいなかった。しかしジェームズ・ヒラーはJG Speedfitカワサキで128.173mphを記録するが、その後リー・ジョンストンが128.896mphを記録している。

しかしこの後リーはGreeba Castleにて転倒した事が原因で病院に運ばれた。情報によると彼の意識はあるようで、コース清掃のためにセッションはレッドフラッグとなった。ジョンストンは同様にスーパースポーツクラスの予選でも123.369mphを記録。ここにルーキーのポール・ジョーダンとアダム・マクリーン、ジョーイ・トンプソンが加わった。


スーパーバイククラス結果


スーパースポーツクラス結果


スーパーストッククラス結果

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link