★BMW R1200、R1200GSのフロントフォークに関する”サービスキャンペーン”を発表

BMWはR1200GSとR1200GSアドベンチャーのフロントフォークに関する”サービスキャンペーン”について発表しました。これは路面のくぼみ、ギャップなどを通過するストレスでフロントフォークにダメージが加わる可能性があるというものですが、GSモデルとしては少々驚きのリコール内容と言えます。

Sponsored Link

BMWは2013年11月から2017年6月に生産されたR1200GSとR1200GSアドベンチャーの、フロントフォークに関するリコールを発表した。BMWはFacebookポストの中ではこの問題についてサービスキャンペーンと呼んでいる。

ドイツの連邦政府の自動車部門は、GSのこの問題に関するリコールを報告している。アメリカの米国運輸省道路交通安全局も、この流れに追随するものと見られており、世界的には185,000台の車両に影響が及ぶものと見られている。

BMWが説明しているようにR1200GSモデルのフォークチューブが路面のくぼみなどを通過することによるストレスによってダメージを受ける可能性があるということだ。ダメージを受けたフォークチューブは、フォークチューブとトップフォーク・シーリングプラグの間にギャップが見受けられる可能性があるという。

BMWは2013年の初めにも同様のリコールを届け出ており、この時はロッキングボルトのトルク不足により、フォークチューブや緩む可能性があるというものだった。今回のリコールに関しては、フォークとフォークシーリングプラグのギャップの確認を行ない、必要であればフォークチューブの圧着などが必要になるという。

今回のリコールに関してはじきにさらなる詳細が明らかになるだろう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★最新デザインの世界戦略フラッグシップストアー、トライアンフ東京が5月1日(月)にオープン!
★MotoGP2017 Ducatiファクトリーのライダー達からニッキーへと贈る言葉
★ニッキー・ヘイデン リミテッドエディション・テディベア 売上は全て遺族へ
★ホンダ ウェルカムプラザ青山 ニッキー・ヘイデン選手 追悼展示
★ヤマハ 2012年の創設から6年連続の受賞 インドのデザイン賞「インディアデザインマーク(I Mark)」を受賞
★マン島TT2017 霧の発生によりオープニングセッションがキャンセルに
★IDEMITSU Honda Team Asia 2017年シーズン応援ポスターの掲示を促進
★マン島TT2017 RSTスーパーバイクにおいてイアン・ハッチンソンが優勝
★ブレーキディスクの温度が1,000度以上に達するF1、ブレーキの動作回数が4,000回を超えるル・マン
★スーパーバイク世界選手権2017 ラグナセカ戦のブレーキングをブレンボが徹底解説
★電動バイクの新ブランド「XEAM」を立ち上げ!第一弾製品となる電動スクーター「notte」も発表。
★インドBajaj Auto(バジャージオート) Ducati買収に自信あり
★ハイブリッドバイク glafit®が1億718万円の資金調達に成功
★The Land of Joy @ Ducati Japan Network
★HRC 2017年CBR250R Dream Cup グランドチャンピオン大会参加枠のご案内
★「あなたがもう一度聞きたいエンジン音」投票で選ばれた懐かしのレーサーレプリカ(250cc)2台の動画を公開!!
★経営状態悪化が囁かれるBimota 現状に関する声明を発表
★バイク王 バイクライフ研究所『リセール・プライス』ランキングを発表『ホンダ・CBR250RR』が首位獲得!
★ホンダ 2017 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第15戦「日本グランプリ ファンミーティング」
★ホンダ 2017 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ第15戦日本グランプリ パブリック・ビューイング