★BMW R1200、R1200GSのフロントフォークに関する”サービスキャンペーン”を発表

BMWはR1200GSとR1200GSアドベンチャーのフロントフォークに関する”サービスキャンペーン”について発表しました。これは路面のくぼみ、ギャップなどを通過するストレスでフロントフォークにダメージが加わる可能性があるというものですが、GSモデルとしては少々驚きのリコール内容と言えます。

Sponsored Link

BMWは2013年11月から2017年6月に生産されたR1200GSとR1200GSアドベンチャーの、フロントフォークに関するリコールを発表した。BMWはFacebookポストの中ではこの問題についてサービスキャンペーンと呼んでいる。

ドイツの連邦政府の自動車部門は、GSのこの問題に関するリコールを報告している。アメリカの米国運輸省道路交通安全局も、この流れに追随するものと見られており、世界的には185,000台の車両に影響が及ぶものと見られている。

BMWが説明しているようにR1200GSモデルのフォークチューブが路面のくぼみなどを通過することによるストレスによってダメージを受ける可能性があるということだ。ダメージを受けたフォークチューブは、フォークチューブとトップフォーク・シーリングプラグの間にギャップが見受けられる可能性があるという。

BMWは2013年の初めにも同様のリコールを届け出ており、この時はロッキングボルトのトルク不足により、フォークチューブや緩む可能性があるというものだった。今回のリコールに関しては、フォークとフォークシーリングプラグのギャップの確認を行ない、必要であればフォークチューブの圧着などが必要になるという。

今回のリコールに関してはじきにさらなる詳細が明らかになるだろう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★岡山キャンピングカーレンタルセンター(岡山CRC)が 「ランバイクレースイベント」でレンタル車両を展示!
★スズキ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★ハーレーダビッドソン 2017年第一四半期の売上高は昨年比4.2%減少
★KUSHITANI FIT&RIDE 2017~二輪の最新を体感できるイベントをNEOPASA清水で開催~
★トライアンフ オールクラシックフェアのご案内
★ジョン・マクギネス ノースウェスト200の予選で転倒。マン島TT欠場の恐れ
★ホンダ ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★HRC ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★ヤマハ発動機 “鋳造のエキスパート”として独自技術を紹介 『人とくるまのテクノロジー展』 ヤマハブースについて
★HRC 2018年度 アジア・タレント・カップ参加ライダー選出について
★ヤマハ発動機 ~夏休み親子体験イベントのご案内~ヤマハコミュニケーションプラザ
★アンヘル・ニエト イビサ島で交通事故に遭い重傷
★ホンダ インドの二輪車第三工場、生産能力拡大記念式典を開催
★KTMによる通常のABSとコーナリングABSの解説ビデオ
★ティト・ラバトのMoto2タイトル獲得マシンがEbayに出品?と思われるも、実際は別物
★Triumph(トライアンフ)トライアンフとバジャージがパートナーシップを結びました。
★フォルクスワーゲングループ Ducati売却を取りやめ
★第45回東京モーターショー2017 ヤマハ発動機の主な出展モデルについて
★BMW EICMAでK1600 Grand Americaを発表
★マン島TTのゲーム「TT ISLE OF MAN RIDE ON THE EDGE」鋭意開発中