★「プロト バイクユーザーレポート 2017」結果まとまる

株式会社プロトコーポレーション(本社:名古屋市中区 代表取締役社長:神谷 健司)が運営する「PROTO総研/カーライフ(プロトソウケン/カーライフ)」(所長:宗平 光弘)は、2017年5月に実施した「バイクに関する総合アンケート」の結果を「プロト バイクユーザーレポート 2017」としてまとめました。

「プロト バイクユーザーレポート 2017」は日本国内に在住する18才以上のバイクを所有するバイクユーザー1,034サンプル(原付を除く)を対象に現保有バイクの実態やバイク購入時の意識等を調査することで、今後のバイク市場の動向を探るための基礎データ作成を目的として毎年実施している定点調査となります。
「PROTO総研/カーライフ」及びクルマ・ポータルサイト「グーネット」内にてダイジェスト版を公開致しました。
株式会社プロトコーポレーションはバイク関連に関する膨大なデータを保有しております。今後もその膨大なデータを集積、検証し、広く発信していくことでバイク業界の活性化に貢献してまいります。

Sponsored Link

◆「プロト バイクユーザーレポート 2017」公開URL

・「PROTO総研/カーライフ」 
  URL: http://protosouken.com/
・「グーネット」リサーチ
  URL: http://www.goo-net.com/business/research/bike/pdf/GNR_report_201707.pdf
※「プロト バイクユーザーレポート2017」公開記念として
 「PROTO総研/カーライフ」で特別対談記事を公開いたしました。
  URL:http://protosouken.com/interview/4371/

◆「プロト バイクユーザーレポート 2017」調査結果サマリー紹介

1.所有バイクの購入金額推移
・バイク購入金額の平均は、全体で「72.2万円」と微増となり上昇傾向にあります。
・年代別でみると「30代」で74.7万円(前年比+10.9万円)、「新規購入層」で67.7万円(前年比+5.7万円)
 と大きく増加しております。


バイク購入金額は僅かながら上昇傾向にあります。本調査においてはバイクユーザーの個人年収が2016年実施「464万円」から2017年実施「490万円」と増加していることが購入金額の上昇の要因であると考えられます。特に「30代」の「新規購入層」においてバイク購入金額が上昇傾向にあります。

2.居住地の都道府県外にある中古バイク購入・購入検討経験(中古バイクユーザー)

・居住地の都道府県外にある中古バイクを購入検討あり(購入したバイクユーザーも含む)と回答したバイク
 ユーザーは64.7%で上昇傾向にあります。
・「現車の確認無しで購入したことがある」が19.3%で上昇傾向にあり、Web上での車両情報で購入決定に至る
 バイクユーザーが増加傾向にあります。

居住地の都道府県外にある中古バイクを購入するバイクユーザーや購入を検討するバイクユーザーが年々増加傾向にあります。「個人間売買サービス利用者の増加」や「Web掲載物件の情報の充実」等、実際に現車を確認しなくても購入できる環境が整ってきていることが要因と考えられます。

3.中古バイク購入時における「走行距離の改ざん」の重視度

・新規購入層は「走行距離の改ざん」を重視するバイクユーザーが57.3%と最も高い傾向にあります。
・買い増し層→新規購入層、つまりバイク購入経験が少なくなるほど重視度は増加傾向にあります。

上記4層が所有しているバイクの特徴を比較したところ、新規購入層のバイク購入金額の平均は45.9万円と最も低く、5年落ち以内の年式車両が20.2%と最も高い傾向が見られます。新規購入層は少ない予算の中でも良質なバイクを求める傾向が伺え、「走行距離の改ざん」に関しても重視していると考えられます。

◆調査概要「バイクに関する総合アンケート」
調査地域 :全国47都道府県
調査方法 :インターネットによるアンケート調査
調査対象 :バイク(原付を除く)を所有している18歳以上の男女
有効回答数:全1,034サンプル

◆プロトコーポレーションのバイク事業について
 バイク情報誌として全国8エリアで「GooBike(グーバイク)」を発行、Webメディアとして、バイク・ポータルサイト「GooBike.com(グーバイクドットコム)」を運営しております。全国約14 万台以上の在庫情報をユーザーに提供しております。

◆会社概要
社名 :株式会社プロトコーポレーション
代表者 :代表取締役社長 神谷 健司
本社 :愛知県名古屋市中区葵1-23-14 プロト葵ビル
創業 :1977年10月
設立 :1979年6月
事業内容 :新車・中古車、パーツ・用品等をはじめとした自動車関連情報ならびに生活関連情報サービスの提供
URL :http://www.proto-g.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社プロトコーポレーション
管理部 広報/広告宣伝 三輪 豊(みわ ゆたか)
所在地:〒460-0006 名古屋市中区葵1-23-14 プロト葵ビル
電話 :052-934-2000  Fax:052-930-4400

<株式会社プロトコーポレーション プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★F1、500cc両方で世界タイトルを獲得した唯一のレーサー ジョン・サーティースが死去
★KTM、Husqvarna(ハスクバーナ)のデザインを行うKISKAがインターン募集中!
★スズキ GSX-Sシリーズの新型モデル「GSX-S750 ABS」を発売
★USヨシムラから2017年型CBR1000RR用エキゾーストが登場
★ストリートトリプル デビューフェア
★ヤマハ 「BOLT ABS」「BOLT Rスペック ABS」2017年モデル発売
★最新デザインの世界戦略フラッグシップストアー、トライアンフ東京が5月1日(月)にオープン!
★ブレンボ ラジアルマスターシリンダーの歴史を解説
★トライアンフ オールクラシックフェアのご案内
★トライアンフ 新商品・新店効果により4月過去最高の登録台数を達成
★ニッキー・ヘイデン 容態は未だ深刻、事故原因について調査が進む
★トミー・ヘイデン「ニッキーは私たち家族の誇り」
★【新店オープン】オートバイ用品専門店「2りんかん」が全国54店舗目となる宇都宮2りんかん6月9日(金)オープン
★ニッキー・ヘイデン リミテッドエディション・テディベア 売上は全て遺族へ
★ヤマハ ビッグロゴの採用などカラーリング&グラフィックを変更 “エンデューロ”向けモデル4機種の2018年モデルを発売
★NTS CEV Repsolカタルーニャ戦「煮詰めきれずに悔しいレース」
★KTM 2017パイクスピークで KTMを駆るフィルモアが レコードタイムを記録し 最高峰クラスで勝利
★ヤマハ発動機 ~夏休み親子体験イベントのご案内~ヤマハコミュニケーションプラザ
★ヤマハから2018年型X-MAX 400が登場
★インドBajaj Auto(バジャージオート) Ducati買収に自信あり