★BMW 新型BMW HP4 RACEを発表

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、全世界750台限定で生産されるレース向けモーターサイクルBMW HP4 RACE(エイチピーフォー・レース)を、BMW Motorrad正規ディーラーにおいて、本日より受注を開始し、本年11月から順次、納車を開始すると発表した。


・BMW Motorradのなかでも高い専門性を持った少人数チームの手作業で生み出された、スーパーバイク選手権用ワークス・マシンの水準を備えた新型モデル
・世界で初めて、オール・カーボン・ファイバー製メインフレームとフル・カーボン・ホイールを採用し、車体の大幅軽量化を実現

Sponsored Link

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、全世界750台限定で生産されるレース向けモーターサイクルBMW HP4 RACE(エイチピーフォー・レース)を、BMW Motorrad正規ディーラーにおいて、本日より受注を開始し、本年11月から順次、納車を開始すると発表した。

新型BMW HP4 RACEは、世界で初めてカーボン・ファイバー製メインフレームとカーボン・ホイールを使用している。メインフレームの重量はわずか7.8kgで、ホイールも鋳造軽合金ホイールと比べて約30%の重量削減を実現した。このモーターサイクルは、その高い品質を保つためにBMW Motorradの少人数専門チームによって手作業で製造されている。

搭載するサスペンションやブレーキ・システム、エンジンもモータースポーツにおける最高水準の技術を採用している。サスペンションは、スーパーバイク選手権で採用されるスウェーデンのÖhlins社製で、倒立式フォークFGR 300およびスプリング・ストラットTTX36GPを使用している。吊り下げ式スイング・アームは、切削加工および板金加工で製作された軽合金製で、スーパーバイク選手権で採用されている技術である。さらに、従来ほぼ世界選手権でのみで使用されているBrembo製GP4PRモノブロック・ブレーキ・システムを装備し、エンジンは最高出力158kW(215PS)/13,900rpm、最大トルク120Nm/10,000rpmで、耐久レースおよびスーパーバイク世界選手権の仕様6.2および7.2に準じたレース用エンジンを搭載している。

メーカー希望小売価格(消費税込み)

モデル エンジン トランスミッション 希望小売価格
 

BMW HP4 RACE

 

999cc水冷式並列4気筒

158kW(215PS)/13,900rpm

120Nm/10,000rpm

 

 

6速

 

¥10,000,000

 

■ 上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格です。

BMW Motorradの精鋭チームが手作業で生み出す、モノコック構造のカーボン・ファイバー製メインフレーム、セルフ・サポート式リヤ・フレームとカーボン・ファイバー製ホイール等による軽量化

新型BMW HP4 RACEは、カーボン・ファイバー製のフレームを採用する等、レース向けモーターサイクルとして高品質を保ちながら、軽量化を実現している。総重量は走行可能な燃料満タン状態で171kgであり、スーパーバイク世界選手権のマシンを下回るレベルを実現している。

・オール・カーボン・ファイバー製のメインフレームは重量7.8kgであり、ホイールにも同じくカーボン・ファイバーを使用し、素材の剛性を活かすデザインを用いながら、鍛造軽合金ホイール比で約30%重量を削減している。フェアリングやインテーク・エア・サイレンサー・カバー、シートカウルもカーボン・ファイバー製である。
・燃料タンクはアルミ製で、手作業で磨き上げられた後にクリア・コーティングが施され、全体の軽量化に寄与すると共に、レース向けのモーターサイクルに相応しい仕様となっている。

スーパーバイク選手権と同等レベルのサスペンション、ブレーキ・システム、エンジンを搭載
・サスペンションは倒立式フォークFGR300と、スウェーデンのÖhlins社製スプリング・ストラットTTX36Gを搭載している。これは、スーパーバイク選手権やMotoGPのマシンと同様の構造である。さらに、切削加工と板金加工で製作された軽合金製の吊り下げ式スイング・アームも、スーパーバイク選手権で採用されているものを使用している。

・ブレーキ・システムは、従来ほぼ世界選手権でのみ使用されているBrembo製GP4 PRモノブロック・ブレーキ・システムを装備している。チタン・コーティング・ピストンとニッケル・メッキされたアルミ・モノブロック製キャリパー、厚さ6.75mm/直径320mmのスチール製T型レーシング・ブレーキ・ディスクを搭載し、高いブレーキ・パフォーマンスを実現している。
・エンジンには、FIM世界耐久レースとスーパーバイク選手権の仕様6.2および7.2に準じたレース用エンジンを搭載している。最高出力は158kW(215PS)/13,900rpm、最大トルクは120Nm/10,000rpmで、レブ・リミットはBMW S 1000 RR(14,200rpm)より向上の14,500rpmに達している。さらにパフォーマンスを向上させるため、レース用6速クロスレシオ・ギヤボックスを採用し、減速比を最適化するとともに、シーンに応じて二次減速比を調整出来るよう、各種ピニオンとチェーン・スプロケットが同封されている。

レース仕様の電装システムを搭載
・2D社製ダッシュボードとデータロガーを搭載し、走行データの表示、保存、読み込みが可能である。
・イグニッション・カット制御の音で動作を判別するダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)とエンジン・ブレーキ(EBR)は、ギヤ毎に15段階にプログラム可能である。ウィリー・コントロールもプログラム可能なものを採用しているため、ユーザーは好みや走行条件に合わせて細かくセットアップでき、車体の可能性を最大限に引き出すことが可能である。
・ピット・レーンの速度制限を遵守するためのピット・レーン・リミッターや、スタートをサポートするローンチ・コントロールが装備されている。

<BMWモトラッド プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ホンダ 「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」をフルモデルチェンジし発売
★「CBR250RRレースベース車」について
★De Angelis Elaborazioni BMW K1100LTカフェレーサー
★Vyrus 986M2ストリートバージョン 予想価格を€37,940(※約446万円)に変更
★マン島TT、TTXGPなどで活躍したTork 初の市販電動バイクとなるT6Xを発表
★BMW HP4 RACE写真ギャラリー
★ホンダ 125ccスポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し発売
★Ducati CEOクラウディオ・ドメニカーリ 新型V4スーパーバイクについて語る
★BMW S1000RR 2018年モデルとして今年のミラノショーで登場か?
★BMW Motorrad 各モデルの希望小売価格を発表
★Ducati新型V4スーパーバイク 新たな動画が登場
★Ducati 210馬力のV型4気筒 デスモセディチSTRADALEエンジンを発表
★スズキ、新型125ccスクーター「アドレス125」を発売
★ヤマハ “Neo Retro”ロードスポーツ「XSR900 ABS」の新色を発売
★MV Agustaから205馬力の2018年式F4 RCが登場
★カワサキ 第45回東京モーターショーにおいてZ900RSを出展
★カワサキ 第45回東京モーターショーにおいて2018年型Ninja250を出展
★ホンダ EICMAでアフリカツインの派生モデルを発表か
★ヤマハ発動機 「Mobility Design」カテゴリにインドのモーターサイクル「FZ25」 「CII DESIGN EXCELLENCE AWARDS」を初受賞
★カワサキ コンセプトモデル「J Concept」を発表