ヤマハ 新たなLMWのデザインパテントを特許庁に出願

LMW

ヤマハは日本の特許庁に新しいトライクのデザインパテント(意匠登録)を出願した。これは2019年の東京モーターショーで登場したMW-Visionのネイキッド版とも言えるモデルで、MW-Visionの全体を覆うカウリングを外し、タンデムシートを新たに設けたデザインとなる。

MW-Visionの動力は不明だったが、この車両に関しては左右に排気口らしきものが確認でき、車体左右にあるパイプ状のものがエキパイだとすると、フロントに2気筒エンジンを搭載している可能性が高い。車格からしてTMAXのエンジンが搭載されていると考えると、ある程度パワフルな走りが期待出来るだろう。
LMW
MW-Visionにしてもこの車両にしても、コンセプトで終わってしまう可能性はあるが、流石に市販化はないのではないかと思われたNikenが市販された事を考えると、そう遠くない未来に登場する可能性もゼロではないはずだ。
LMW

LMW
(Photo courtesy of 特許庁)