スズキ GSX-S1000Fの後継モデルとなるGSX‐S1000GTを発表

スズキ GSX-S1000Fの後継モデルとなるGSX‐S1000GTを発表

スズキ株式会社は、K5のGSX-R1000のエンジンをベースとした「GSX-S1000F」を全面改良、全く新しいコンセプトのスポーツツアラー、新型「GSX-S1000GT」を発表。発売開始は世界各国で10月からとなる。

電子制御システムS.I.R.S.、スズキ初のスマートフォン連携機能付大画面フルカラーTFT液晶メーター等を採用。エンジンは引き続き傑作機であるK5のエンジンをベースとし、水冷直列4気筒999ccのエンジンは、低速域からでも扱いやすいトルクを発揮。軽量で剛性感のあるフレームに搭載することで、日常での扱いやすさとワインディングや高速道路などでの操縦安定性を両立させている。

Advertisement

エンジンは排ガス規制「ユーロ5」に対応しつつ、最高出力を向上。ライディングポジションの見直しやラバー付きフットレストなどでパッセンジャーの乗り心地も改善している。さらに、新型「GSX-S1000GT」専用開発品を含む豊富な純正用品を用意し、快適性、利便性の向上、バイクのカスタマイズを可能としている。

新型「GSX‐S1000GT」の主な装備、特徴

電子制御システムS.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)

・出力特性を3つのモードから選択できるSDMS(スズキドライブモードセレクター)や、選択幅を広げ制御量を5段階から選択可能となったトラクションコントロールシステム、クラッチレバーを操作しなくてもシフトアップ/ダウンできる双方向クイックシフトシステムなどを搭載した。
・スロットルの操作不要で設定速度を維持するクルーズコントロールシステムを新しく採用し、高速道路等での快適性を向上させた。

メーター

・6.5インチ大画面フルカラーTFT液晶メーターをスズキ初採用。ディスプレイをデイモード(白)とナイトモード(黒)に切り替えることで、時間や走行状況に関係なく、可視性を最大限に高めることができる機能を搭載した。
・専用アプリ「SUZUKImySPIN」をインストールしたスマートフォンと接続し、地図の表示や音楽の再生※1、電話の発着信※1などを可能とした。スマートフォンは、iOS※2、AndroidTM※3ともに対応。

デザイン

・シャープでのびやかなラインによって軽快なスポーツ性能と空力性能を大胆なボディラインで表現。同時に、電子制御、スマートフォン接続など、新型「GSX-S1000GT」が持つ知性を視覚的に表現する洗練さを取り入れたデザインとした。
・タンデムライダーへ伝わる振動を軽減するタンデムシートの形状やクッション厚、グラブバーやタンデムステップを採用するなど、タンデムライダーへの快適性にもこだわってデザインした。

Advertisement

用品

・新型「GSX-S1000GT」専用開発品を含む豊富な純正用品を用意した。
・高い防風性能をさらに高めるツーリングスクリーン、フルフェイスヘルメットが入る※4大容量サイドケースセット、グリップヒーターなど、ツーリング中の快適性、利便性を向上させる用品を用意した。
・自分の好みに合わせてバイクをカスタマイズすることができる、スタイリッシュシート、カーボン調カバー、デカールなどの外観用品を用意した。
※1音楽の再生や電話の発着信には別途ワイヤレスヘッドセットが必要です。
※2iOSは、AppleInc.のOS名称です。IOSは、Ciscoまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
※3Androidは米国GoogleLLCの商標です。
※4サイズ、形状によっては入らないものもあります。

新型「GSX-S1000GT」の主要諸元(欧州仕様)

・全長:2,140mm
・全幅:825mm
・全高:1,215mm
・ホイールベース:1,460mm
・装備重量:226kg
・エンジン型式:999cm3水冷 4 サイクル直列 4 気筒 DOHC
・最高出力:112kW/11,000rpm
・最大トルク:106N・m/9,250rpm
・燃料タンク容量:19.0L

新車情報カテゴリの最新記事