バレンシアGP 5位ファビオ・クアルタラロ「2022年に向けてパッケージの改善が必要」

バレンシアGP 5位ファビオ・クアルタラロ「2022年に向けてパッケージの改善が必要」

昨年からも言われていることだが、ファビオ・クアルタラロは改めてDucatiの強さをバレンシアで感じたようだ。今年はフランチェスコ・バニャイアの成績が前半に安定しなかったことでチャンピオンシップでは最終戦までもつれ込まずに戦えたが、前半からペッコが安定したレースを展開していた場合、チャンピオンシップ最終戦までポイントで苦戦したのはファビオだったかもしれない。
バレンシアGP 5位ファビオ・クアルタラロ「2022年に向けてパッケージの改善が必要」

Advertisement

ヤマハも何をすべきかわかっているはず

ファビオ・クアルタラロ

「残念ながら後方からのスタートだと、バレンシアはオーバーテイクが難しいサーキットです。ヤマハにはこうした状況でも戦えるパッケージを要望しているんです。」

「今日のようにDucatiが3台トップにいることは、将来的に改善をする必要があると改めて教えてくれたと思います。心配はしていませんが、2022年に向けては明確に変わる必要があるでしょう。」
バレンシアGP 5位ファビオ・クアルタラロ「2022年に向けてパッケージの改善が必要」

Advertisement

「トラックの外から見ていると、Ducatiの旋回性、ブレーキング、電子制御について理解は難しいでしょう。自分は何度もチームに話していますが、ヤマハも何をすべきか分かっていると思います。」

「ヤマハにも強みはあるものの改善が必要な点があるのも事実です。今の弱点を改善出来れば限界に到達することなく戦うことが出来るでしょう。」

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事