brembo(ブレンボ)が解説する 最年少タイトル獲得ライダートップ10

brembo(ブレンボ)が解説する 最年少タイトル獲得ライダートップ10

今年Moto3クラスでタイトルを獲得したペドロ・アコスタは、タイトルをグランデ・プレミオ・ブレンボ・ド・アルガルヴェで達成。ゴールした後、アコスタはバイクから降りて釣り竿を手に取り、自分が獲得した世界選手権のシンボルである金色のヘルメットが入った箱を釣り上げるパフォーマンスを披露した。

アコスタの父と祖父はともに漁師で、ペドロもバイクで成功していなければ、この漁師になっていただろう。彼のニックネーム「Tiburón de Mazarrón(マサロンのサメ)」の由来もここにある。家族の「ペレトゥホ号」が彼の最初のスポンサーとなり、町の人々は小さなファンクラブを作って彼をサポートしていた。

ペドロの父親の職業は、ペドロにとってインスピレーションの源だ。ペドロの父は常に「欲しいものがあれば、それを獲得しなければならない」とペドロに語っていた。そのため、ペドロはソーシャルメディアにあまり時間を割かず、自由時間にはトレーニングをする選手だ。そしてそれは、今年Moto3でデビューしたブレンボ製のブレーキシステムを使いこなし、彼の名を一躍有名にした激しいブレーキングにも表れている。
ペドロ・アコスタ brembo(ブレンボ)のブレーキを使いこなし2021年のMoto3チャンピオンに
brembo(ブレンボ)のブレーキにおいて2020年と比較して新しくなったのは、削り出したアルミニウム製のモノブロックキャリパーであること、直径32mmのピストンを2つ搭載したラジアルマウントであり、熱交換を促進するフィンを備えていることだ。スチール製のディスクも新しくなり、マスターシリンダーも新設計で、従来のモデルよりも小径になっている。

Advertisement

Z04とZ16の焼結ブレーキパッドは、昨シーズン使用されたものより200グラム軽量化されており、アコスタのKTMには、マルケジーニ(ブレンボグループのブランド)のM10RS Corse Moto3 10スポーク鍛造マグネシウムホイールが装着されており、従来のホイールと同じ剛性を保ちながら、重量と慣性を大幅に削減することに成功している。

しかし、どんなに優れたブレーキシステムやパワフルなエンジンを搭載しても、レースに勝つためには十分ではない。幸いなことに、現在のモーターサイクルレースでは、違いを生み出すのはやはりライダーなのだ。今回brembo(ブレンボ)では、アコスタの技術に敬意を表して、モーターサイクル世界チャンピオンのタイトルを獲得した最年少ライダーのトップ10を紹介する。
ペドロ・アコスタ brembo(ブレンボ)のブレーキを使いこなし2021年のMoto3チャンピオンに
なお、このランキングにはMotoGP、Moto2、Moto3、500cc、350cc、250cc、125cc、80cc、50ccの選手が含まれており、スーパーバイク世界選手権、スーパースポーツ600、スーパースポーツ300は含まれていない。

Advertisement

10位 トーマス・ルティ:2005年125ccチャンピオン/19歳61日

ペドロ・アコスタ brembo(ブレンボ)のブレーキを使いこなし2021年のMoto3チャンピオンに
2005年、スイス人ライダーのトーマス・ルティは、開幕戦のスペインGPで15周目にリタイアするという最悪の形でシーズンを迎えた。しかし、これはトーマス・ルティにとって唯一の0ポイントで、この年、ルティはレースで10位以下になることはなく、4勝と8回の表彰台を獲得した。125cc選手権のタイトルは、最終戦のバレンシアで9位に入賞して7ポイントを獲得し、ミカ・カリオに5ポイント差をつけて獲得している。

9位 マーベリック・ビニャーレス:2013年Moto3チャンピオン/18歳302日

ペドロ・アコスタ brembo(ブレンボ)のブレーキを使いこなし2021年のMoto3チャンピオンに
2011年と2012年にタイトル獲得を目前にしながらも、両選手権ともに3位に終わったマーベリック・ビニャーレスは、2013年にMoto3のタイトルを獲得。勝利数は少なく、2011年の125ccクラスでの4勝、2012年のMoto3クラスでの5勝に比べ、2013年は3勝となった。マーベリック・ビニャーレスは2013年シーズン中に15回の表彰台に立ち、4位と5位を獲得。最終戦バレンシアでは、僅差で優勝し、チャンピオンを獲得している。

8位 マヌエル・ポジャーリ:2001年125ccチャンピオン/18歳262日

2001年、サンマリノ出身のマヌエル・ポッジアーリは、3度のリタイアを経験しながらも、他のレースで安定した成績を収め、ジレラで125cc世界選手権を制覇した。優勝は3回のみだが、11回の表彰台を獲得し5位以下になったことはなかった。最終戦のリオでは5位入賞を果たし、それまでの4レースで優勝していた宇井陽一との差を縮めた。

7位 アンドレア・ドヴィツィオーゾ:2004年125ccチャンピオン/18歳201日

ペドロ・アコスタ brembo(ブレンボ)のブレーキを使いこなし2021年のMoto3チャンピオンに
2004年、フォルリ出身のドヴィツィオーゾは、第1戦南アフリカGPで優勝してランキングトップに躍り出て、そのままの順位でシーズンを終えた。最初の10戦では、優勝3回、2位2回、3位1回、4位4回を記録した。ポルトガルでのレースを棄権したが、次の日本では優勝し、マレーシアでの2位と合わせて、2戦を残して125cc世界チャンピオンになった。

Advertisement

6位 アレックス・マルケス:2014年にMoto3チャンピオン/18歳200日

ペドロ・アコスタ brembo(ブレンボ)のブレーキを使いこなし2021年のMoto3チャンピオンに
2014年、Moto3を6戦終えた時点で、アレックス・マルケスは60ポイントを獲得し、104ポイントを獲得したアイザック・ビニャーレス、アレックス・リンス、エフレン・バスケス、ロマーノ・フェナティ、ジャック・ミラーに次ぐ総合6位につけていた。アレックスはモンメロとアッセンで優勝して反撃に出て、アラゴンで初めてランキングトップに躍り出て、2ポイント差でチャンピオンになった。

5位 バレンティーノ・ロッシ:1997年125ccチャンピオン/18歳196日

ペドロ・アコスタ brembo(ブレンボ)のブレーキを使いこなし2021年のMoto3チャンピオンに
バレンティーノ・ロッシはアプリリアで参戦したマレーシアの第1戦で優勝し、鈴鹿では転倒したものの、その後2勝してオーストリアで2位を獲得した。ル・マンからは6連勝し、ブルノで3位に入ると、3レースを残して125ccのチャンピオンになった。その後さらに2勝し、125ccクラスの歴代最高記録となる通算11勝を達成した。

4位 ダニ・ペドロサ:2003年125ccチャンピオン/18歳13日

ペドロ・アコスタ brembo(ブレンボ)のブレーキを使いこなし2021年のMoto3チャンピオンに
ホルヘ・ロレンソ、ケーシー・ストーナー、マルコ・シモンチェリ、アンドレア・ドヴィツィオーゾなど、この年の125ccレースには、伝説となるような優れたライダーが数多く登場。この年、ホルヘ・ロレンソ、ケーシー・ストーナー、マルコ・シモンチェリ、アンドレア・ドヴィツィオーゾらがポイントを競い合い、優勝(5回)とトップ5入り(10回)の両方で最も安定した成績を収めたダニ・ペドロサは、両足首の負傷により最後の2レースを欠場したにもかかわらず、世界選手権を制覇した。

3位 マルク・マルケス:2010年125ccチャンピオン/17歳263日

ペドロ・アコスタ brembo(ブレンボ)のブレーキを使いこなし2021年のMoto3チャンピオンに
マルク・マルケスが125ccクラスに参戦した最初の2年間は、1勝もできず、表彰台に上がったのは2回だけだった。2010年ムジェロで問題を克服し、その後の4レースでも優勝した。しかし、タイトル獲得が確実になったのは、リカルド・トルモでのことだった。なお、成績は優勝10回、ファステストラップ8回、表彰台12回という素晴らしいものだ。

2位 ペドロ・アコスタ:2021年Moto3チャンピオン/17歳166日

ペドロ・アコスタ brembo(ブレンボ)のブレーキを使いこなし2021年のMoto3チャンピオンに
レッドブル・ルーキーズカップで2019年に2レースを残して総合2位、2020年にはタイトルを獲得した彼の実力を、ライバルはシーズン当初から理解していた。今年、Moto3でデビューしたペドロ・アコスタは、素晴らしいスタートを切った。カタールでの2位を皮切りに、3連勝、いくつかのGPでも好成績を収め、ドイツとオーストリアで優勝。シーズン後半にはポイントを維持し、ポルティマオでの優勝でチャンピオンを決定しました。」

Advertisement

1位 ロリス・カピロッシ:1990年125ccチャンピオン/17歳165日

ペドロ・アコスタ brembo(ブレンボ)のブレーキを使いこなし2021年のMoto3チャンピオンに
イモラ出身のロリス・カピロッシは、1日違いで最年少ワールドチャンピオンの記録を保持した。ロリス・カピロッシは、アコスタと同様、ルーキーイヤーに世界チャンピオンになったが、125ccクラスでの初優勝は第10戦イギリスGPまで待つ必要があった。残りあと2戦というところで、ステファン・プレインとの差が17ポイントあり、タイトル獲得は絶望的に思えたが、最終戦の両レースで優勝を果たした。

(Source: Brembo)

(Photo courtesy of Brembo)

brembo(ブレンボ)カテゴリの最新記事