インドネシアGP Q2ポールポジションはファビオ・クアルタラロ

インドネシアGP Q2ポールポジションはファビオ・クアルタラロ

インドネシアGP Q2ポールポジションはファビオ・クアルタラロインドネシアGPのQ2でポールポジションを獲得したのはファビオ・クアルタラロだった。ファビオ・クアルタラロはこれで今年初のポールポジション獲得となり、トップスピードが不足している中でも戦えるサーキットでの決勝結果には期待が持てそうだ。

2位はホルヘ・マルティン、3位ヨハン・ザルコとPramacの2人が揃ってフロントローを獲得している。4位はKTMのブラッド・ビンダー、5位エネア・バスティアニーニ、6位フランチェスコ・バニャイア、7位ミゲル・オリヴェイラ、8位アレックス・リンス、9位ジャック・ミラー、10位アレイシ・エスパルガロとなった。

Advertisement

予選ポールポジション ファビオ・クアルタラロ

「ポールポジションを再び獲得出来て嬉しいですね。レースペースに関して予選走行は非常に良いタイムでした。今日はあまりミスをせずに走行出来たと思いますし、明日に向けて自信も感じています。」

予選2位 ホルヘ・マルティン

「予選は非常に重要ですね。ここはオーバテイクが難しいですから。レースではペースは非常に接近すると思います。明日に向けてポジティブですし、ここで1列目は重要ですね。フィジカルなレースになると思います。」

予選3位 ヨハン・ザルコ

「31秒前半を出すのはかなり難しかったですね。まだウェットパッチがターン5に残っているのでスライドしてしまう状況でした。2本目のタイヤでプッシュしたんですが、エネア・バスティアニーニが前にいてくれて助かりました。良いタイムだと思いますし、チームも良い仕事をしてくれました。ペースが非常に重要になると思いますが、レースでは自分のフロントにライダーがいなければ良いタイムで走行出来ると思います。(※オーバーヒートしないため)」

インドネシアGP Q2結果

順位 ライダー名 タイム 最高速度(km/h)
1位 ファビオ・クアルタラロ 1’31.067 306.8km/h
2位 ホルヘ・マルティン 1’31.280 312.1km/h
3位 ヨハン・ザルコ 1’31.378 313km/h
4位 ブラッド・ビンダー 1’31.433 307.6km/h
5位 エネア・バスティアニーニ 1’31.504 313km/h
6位 フランチェスコ・バニャイア 1’31.507 309.4km/h
7位 ミゲル・オリヴェイラ 1’31.566 308.5km/h
8位 アレックス・リンス 1’31.582 310.3km/h
9位 ジャック・ミラー 1’31.714 309.4km/h
10位 アレイシ・エスパルガロ 1’31.723 309.4km/h
11位 ファビオ・ディ・ジャンアントニオ 1’31.829 308.5km/h
12位 フランコ・モルビデッリ 1’32.336 304.2km/h

MotoGPカテゴリの最新記事