★MotoGP2018 セパンテスト2日目 クラッチロー「タイムを出した時のフィーリングは良くなかった」

この日3番手となるタイムを記録したクラッチロー選手によると、この時のフィーリングはいまいちだったそうで、まだまだタイムアップなどの可能性があると考えているようです。

Sponsored Link

セパンテスト2日目3位タイム カル・クラッチロー

「今日もまたポジティブな1日でした。自分達、そしてホンダのために色々な内容をテストしました。スケジュールも非常に忙しかったですね。トラックが最初少し濡れていたために、テスト開始を遅らせる形になりました。ただ、今日のパフォーマンスには満足です。」

「ユーズドタイヤで良い作業が出来たのは非常に重要でした。最後には良いタイムも記録出来ましたが、このラップでは良いフィーリングは無かったんです。ですから、このラップのタイムが良かったということは極めてポジティブですね。それにラップタイムを出すために使用出来るタイヤとしては、割り当てられている中の1本だけしか使っていないということですからね。」


「レースペースも現段階ではライバルと比較して良い感じですね。明日はスケジュールの中で残っている内容を進めていく必要があります。そして夜通しホンダと共に改善出来る点がないか作業を進めていきます。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ホンダ モーターサイクルショーでCBR250RR レースベース車両を発表
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「さらに結果を求めていく」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「今回は珍しく転倒せずに完走できた」
★ホンダ 「CBR250RR」の受注状況について
★MotoGP2017イギリスGP マルケス「300km/hでリアタイヤがロックした」
★MotoGP2017日本GP マルケス「もてぎは過去苦戦していたサーキット」
★MotoGP2017日本GP 2位マルケス「こういう形で作業を続けていきたい」
★MotoGP2017オーストラリアGP ペドロサ「適切なセットアップを見つける事が必要」
★MotoGP2017オーストラリアGP 予選1位マルケス「ペースとリズムは良い。あとは天候次第」
★「マルク・マルケス」がFIMロードレース世界選手権MotoGPクラスで2年連続チャンピオンを獲得、コンストラクターズ、チームの三冠も達成
★MotoGP2018 レディング「今はバイクをもっと乗りやすくしていきたい」
★MotoGP2018ヘレステスト2日目 ドヴィツィオーゾ「旋回性という昔からの問題は解決していない」
★MotoGP2018 ロレンソ「ロッシのことは尊敬している。彼から多くを学びたい」
★2018年のMotoGPの見どころ(その4) 2018年シーズンは成功が絶対条件のロレンソ
★2018年のMotoGPの見どころ(その5) ドヴィツィオーゾは2018年もタイトル争いが出来るか?
★MotoGP2018 セパンテスト1日目 ドヴィツィオーゾ「コーナーエントリーの感触が良い」
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 ペトルッチ「タイムを出すにはもう少し自信がいる」
★MotoEワールドカップ ローマでローンチイベントが開催
★MotoGP2018 イアンノーネ、リンス タイの首都バンコクで熱烈な歓迎を受ける
★MotoGP2018 タイテスト3日目 10位ロッシ「セパンとタイで速かったのはホンダだけ」