★MotoGP2018カタールGP 優勝ドヴィツィオーゾ「全てが完璧な形だった。チームに感謝したい」

ゆっくり追い上げてタイヤをセーブ出来たというドヴィツィオーゾ選手は、大方の予想どおりに優勝。マルケス選手との最終ラップでのバトルにおいても、相変わらず冷静沈着に状況を見極めて優勝を飾りました。

Sponsored Link

サイモン・クラファー

「アンドレア、最高の形でのチャンピオンシップスタートとなりました。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「パーフェクトなレース、パーフェクトなレースウィークエンドでした。全てを完璧な形で成し遂げました。想像していたとおりにレースの中では多くの速いライダーがいました。ただ、全てを良い形で進めることが出来ました。スタートは良くなかったんですが、落ちついていました。ゆっくりと追い上げる中でタイヤをしっかりとセーブすることが出来ました。後半にプッシュは出来たんですが、皆と同様に最後はタイヤが終わってしまいました。ですから最後は難しかったですね。マルケスとの最終ラップはいつもどおり厳しい戦いでした。彼を再び負かすことが出来ましたが、カタールでは3回2位でしたから、今回は勝つ必要がありました。ウインターテストの中で最高の働きをしてくれたチームに感謝です。本当に良い仕事が出来たと思います。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017アメリカGP バウティスタ「今のレベルを維持したい」
★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「小さな違いが大きな違いを生み出す」
★MotoGP2017オーストリアGP ロレンソ「新型フェアリングを使用すると0.5秒は速く走れる」
★MotoGP2017イギリスGP 5位ロレンソ「Ducatiで走った中で最高のレースだった」
★MotoGP2017 エクトル・バルベラ「2018年はMoto2への参戦を考えている」
★MotoGP2017アラゴンGP7位 ドヴィツィオーゾ「ソフトタイヤを選択したのは間違いではない」
★MotoGP2018 バレンティーノ・ロッシ モンツァラリーショーにおいて6度目の優勝を記録
★MotoGP2018 エルヴェ・ポンシャラル「2019年にザルコを引き止める事は出来ないだろう」
★MotoGP2018 ジジ・ダッリーニャ「来シーズンに向けて旋回性を改善していきたい」
★MotoGP2018 セパンテスト3日目結果 ロレンソが唯一58秒台を記録してトップタイム
★MotoGP2018 ビニャーレス「M1を新しいサーキットで乗りたくてウズウズしている。」
★MotoGP2018 タイテスト2日目 15位中上「マルクの走りを後ろから見て多くを学べた」
★MotoGP2018 タイテスト3日目 9位ラバト「3日間全てポジティブな内容だった」
★Ducati Imetecとコラボレーションしたバリカンなどをリリース
★ジョナサン・レイ 「MotoGPに参戦するのは自分の夢だった」
★MotoGP2018アルゼンチンGP ロッシ「2017年同様に各メーカーの浮き沈みのあるシーズンになる」
★MotoGP2018アメリカGP ルティ「COTAはMotoGPマシンでの走行が楽しいトラック」
★MotoGP2018アメリカGP ドヴィツィオーゾ「自分達の強みはわかっている」
★MotoGP2018アメリカGP ダヴィデ・ブリビオ「Marc VDSとの契約はヘレスまでに判断を行う」