★MotoGP2018オーストリアGP モビスターヤマハ津谷 晃司「ライダー達に謝罪しなければならない」

土曜日の予選結果を受けて、モビスターヤマハの津谷氏がライダーに対する公開謝罪会見を行いました。今後問題解決のためにテストを行うとしていますが、かねてから必要だと指摘されているように、欧州にMotoGP専属のテストチーム、テストライダーを抱えていくといった体制を取るといった内容の発表はありません。

Sponsored Link

津谷晃司

「加速、そしてパワーデリバリーをより正確に行うことに関して苦戦しており厳しい状況です。このトラックがヤマハにとっては厳しいトラックの1つであるということは理解していますが、こうした正確なパワーデリバリーの実現が出来ていません。」

「こういった要因でヤマハにとって最悪の予選結果となってしまったのだと思います。ですから、私、そしてヤマハはライダー達に、加速面の問題について謝罪をしなければならないでしょう。また、マーベリックのバイクに関しては、今日(土曜)、そして金曜に関して、FP1、FP4でセンサートラブルが発生していました。このことがマーベリックの集中を途切らせてしまいました。ですから明日に向けてどうすれば改善することが出来るのかを調査しています。今一度、ライダー達にこうした内容に関して謝罪を行いたいと思います。」

「今後はいままで以上にハードに解決策を見つけるために作業を進めていきます。このレースが終わった後にミサノ、そしてシルバーストーンでテストを行っていき、シルバーストーンの後にはアラゴンでもテストを予定しています。現時点では明日のレースで良い結果を得ることに集中したいと思います。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link