★Moto2 ロマーノ・フェナティ「モーターサイクルに関わることは止める。もう2度と走らない」

サンマリノGPにおけるロマーノ・フェナティの危険走行を受けて、FIMはロマーノ・フェナティをスイスのヘッドクオーターに召喚することを決めました。この場において、サンマリノGPでなぜあのような出来事が発生してしまったのかについて、ロマーノ・フェナティと協議。この後にFIMが適切と考える処罰を与えるとのこと。なおイタリアのモーターサイクルスポーツ協会(FMI)は既にフェナティのライセンスを剥奪しています。

Sponsored Link

ロマーノ・フェナティ

「モーターサイクルに関わることは止めます。もう2度と走りません。自分が間違っていましたし皆さんに謝罪したいと思います。でも自分のヘルメットとレザースーツには大きなブラックマークがついています。これはマンツィのバイクのタイヤの痕です。彼は3度自分にアタックを仕掛け、自分は殺されていたかもしれません。3度目はあの事件の500m手前でした。そこで”お前にも同じことをしてやる。俺は悪人にもなれるんだ”と示してやろうと思ったんです。そうすれば、彼も自分がしたことを理解すると思ったんです。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link