★MotoGP2017ヘレスGP 予選3位クラッチロー「蜂に胸の辺りを何度も刺された」

予選で3番手となったクラッチロー選手。実は予選走行中に蜂に刺されたようで、蜂に刺された事をジョーク混じりに語っています。とは言え嬉しいフロントロー獲得となっています。

Sponsored Link

Q

「フロントロー獲得おめでとうございます。予選はいかがでしたか?」

Q2 3位カル・クラッチロー

「ホンダがフロントローを独占したのは良かったですね。これはホンダにとっても自分達チームとっても良いことです。これから明日にかけてまた良い作業を進めていくことが出来ます。今週はホンダのためにテストしているので、自分にとっては忙しい週末です。ただ自分はライダーとして、チームはチームとしてベストを尽くしています。明日のレースに備えていくということですが、今のところはバイクにはほとんど変更を加えていなくて、1つの内容を何度も変更しています。今晩の作業とそれからウォームアップで改善を進めてレースに備えていきたいですね。」

 

Q

「蜂にも襲われましたね。」

カル・クラッチロー

「胸の辺りを何度も刺されたんです。そこで仕方なく止まって蜂をレザースーツから追い出したんです。レースだったら止まらなかったですけどね。ただこういう状況ですから一旦バイクを止めたんです。その時は胸から左腕の辺りに移動していてね。。まったくどこから入ったのかわかりませんよ。」

 

Q

「明日の戦略は?」

カル・クラッチロー

「まずは蜂に刺されないことだね(笑)」

 

Q

「春ですからね」

カル・クラッチロー

「スタートラインで蜂にケツを刺されれば良いスタートが出来るでしょう(笑)」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト チームスズキECSTAR写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールテスト2日目結果
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ビニャーレス「今年は最低5名のライダーが優勝出来る」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ロレンソ「徐々にライディングが容易になってきている。」
★Ducatiジジ・ダッリーニャ「まだチャンピオンシップ争いが出来るレベルではない」
★MotoGP2017 アプリリア「Ducatiのカウルは我々のルール解釈からはかけ離れている」
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「まだやることは沢山ある」
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「100%自分のミス。スズキには最高の結果がふさわしい」
★MotoGP2017カタールGP ヨハン・ザルコ「こうした転倒もレッスンの一部」
★MotoGP2017ロレンソ、ドヴィツィオーゾ ヘレスでプライベートテストに参加
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「貴重なポイントを持ち帰る事が出来た」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017アメリカGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP イアンノーネ「今週こそは笑顔でレースを終えたい」
★MotoGP2017 セテ・ジベルナウ「最高のダニはこれから」
★MotoGP2017フランスGP 予選1位ビニャーレス「良い結果が出せると思っていた」
★ヘイデン一家 ヘイデン選手の意志に基づき、臓器提供に同意
★MotoGP2017イタリアGP ザルコ「ムジェロをMotoGPバイクで走るのは楽しみ」
★MotoGP2017イタリアGP 優勝ドヴィツィオーゾ「Ducatiでムジェロで優勝する以上の事は望めない」
★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「新品タイヤでのフロントのフィーリングが課題」