★MotoGP2017 イタリアGP(ムジェロ戦)から2016年型フロントタイヤを使用

セーフティーコミッションで行われた多数決の結果、グリッド上の23人のうち20人の選手が2016年型タイヤを支持。MotoGPクラスでは6月2日〜4日にかけて開催されるイタリアGP(ムジェロ戦)から、ミシュランの2016年後期型のフロントタイヤを使用するということになりました。

これを受けてMotoGPレースディレクションのカピロッシがインタビューに答えています。木曜のプレスカンファレンスでは、ロレンソ選手ははっきりと旧型タイヤは好まないとしており、旧型タイヤ(70番)と今年型のタイヤ(06番)を好む両方をハッピーにすべきと話していましたが、思っていたよりも早めにこのタイヤに関しては結論が出されました。

Sponsored Link

ロリス・カピロッシ

「テストはヘレス戦の後の月曜日に行いました。大多数の選手が70番のタイヤ(2017年型)ではなく 旧型のタイヤを選びました。そして今日は将来的にどうするかということについて、正式な多数決投票を行ないました。グリッドには23人のライダーがいますが、20人が70番タイヤに投票し、3名が6番タイヤ(2017年型)に投票しました。これでムジェロから70番のタイヤを使用することになります。」

「70番のタイヤは構造的にもう少し強度があります。そして6番のタイヤは少し柔らかいんです。このせいで、ライダー達はシーズン中に”タイヤが動きまわる”ということで文句を言っていたんです。彼らは70番タイヤをテストした時は肯定的でしたね。まぁ、これは良くあることですが、大多数のライダー達はこの決定を喜んでいて、残りのライダー達はこの決定を喜んでいないでしょう。彼らはこの70番タイヤが気に入っていないわけですからね。ただ、我々は常に多数派の意見に従うわけで、多数派がこのタイヤを望んでいるのですから仕方ないでしょう。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「リアグリップを改善出来れば可能性あり」
★MotoGP2017アルゼンチンGP リンス「自分の体調も助けにはならなかった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アルゼンチンGP ポル・エスパルガロ「KTMで初めてポイントを獲得出来た」
★MotoGP2017アメリカGP予選5位 ザルコ「トップの選手についていって学びたい」
★MotoGP2017スズキ リンスの代役にテストライダーの津田拓也を起用
★MotoGP2017ミシュラン アメリカGP決勝レースリリース
★MotoGP2017ミシュラン ヘレスGPプレビュー
★MotoGP2017ヘレスGP 2位マルケス「フロントタイヤが柔らかすぎた」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント LCRホンダ
★MotoGP2017フランスGP ダニ・ペドロサ「一番重要なのはコンスタントさ」
★MotoGP2017フランスGP 予選8位ポル・エスパルガロ「フロントの感触が非常に良い」
★ミシュラン モータースポーツの伝説であるヘイデン選手へ最後のお別れ
★MotoGP2017イタリアGP ロレンソ「常に優勝するというメンタルで臨むことが必要」
★MotoGP2017イタリアGP クラッチロー「全体のパフォーマンスには満足している」
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「カタール以来の良いフィーリング」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選1位ペドロサ「今日の結果はチームに感謝」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選13位ロッシ「5周だけ速く走るか、ずっと遅いペースで走るか」
★MotoGP2017カタルーニャテスト イアンノーネ「このプロジェクトとスズキを信じている」
★MotoGP2017スズキ ダヴィデ・ブリビオ「イアンノーネがここまで適応に時間がかかると思っていなかった」