★HRC ニッキー・ヘイデン選手の逝去について

Honda、HRCからのお悔やみ
ニッキー・ヘイデン選手は、レースキャリアの多くをHRCライダーとして過ごし、母国である米国で、そして世界選手権において、たくさんの栄光を手にしました。ニッキーは、1999年にAMAスーパースポーツ選手権、2002年にAMAスーパーバイク選手権、そして2006年にはRepsol Honda TeamでMotoGP世界選手権を制覇。昨年からは、Ten Kate Hondaからスーパーバイク世界選手権に参戦し、初年度で勝利を挙げました。

ニッキーは、5月17日(水)にイタリアのリミニで起きたサイクリング中の事故によって、帰らぬ人となりました。多くの人に愛されたライダーを失ったという悲しいニュースは、バイクコミュニティーにとって、そしてHRC全員にとって大きな打撃です。

ニッキー・ヘイデン選手に対して心から感謝するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。

Sponsored Link

株式会社ホンダ・レーシング 代表取締役社長 野村欣滋のコメント

「ニッキー・ヘイデン選手のご家族、ご婚約者、友人の皆さんへ、すべてのHRC社員およびレーシングチームを代表して、心よりお悔やみ申し上げます。ニッキーは、我々HRCファミリーの一員であり、非常に親しい友人でもあったので、未だに信じられない気持ちです。共に2度のAMAタイトルを獲得し、2006年にはMotoGPの栄冠を勝ち取ることもできました。事故が起こるまさにそのときまで、彼はRed Bull Honda World Superbike Teamのために100%をささげてくれていました。ニッキーは、偉大なライダー、チャンピオンであるとともに、素晴らしい人物でもありました。どんな場所でもレースへの情熱とコミットメントを絶やさないその姿に対して、我々は常に尊敬の念を抱いてきました。その一方で、人を引き付けてやまないそのキャラクターで、バイクやレースの世界にいる誰もが彼のファンでした。我々HRCは、共に戦った愛すべきニッキーのことを決して忘れません。全員が深い悲しみにくれていますが、これから共に過ごした数々の特別な記憶を、思い出すことでしょう。私たちの思い、そして心は、今難しい状況にいるニッキーのご家族とともにあります」

(Photo courtesy of michelin)

<ホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP11位 ロレンソ「やるべき事は沢山ある」
★ストリートトリプル デビューフェア
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「貴重なポイントを持ち帰る事が出来た」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017ヘレスGP Q2結果
★MotoGP2017ヘレスGP 予選1位ペドロサ「今まで予選で苦戦していたので本当に嬉しい」
★MotoGP2017フランスGP マルケス「今回のル・マンもどうなるかわからない」
★MotoGP2017ロッシ 病院を退院し自宅で静養
★MotoGP2017ヤマハ 不調の原因を把握しているロッシ、困惑するビニャーレス
★MotoGP2017ドイツGP 5位ロッシ「今日の5位は悪くない結果」
★MotoGP2017 シーズン前半戦をジジ・ダッリーニャが語る【Part1】
★イタリアのベネトンファミリー 身売り中のDucatiに12億ドルの値をつける
★MotoGP2017チェコGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017後半戦 チャンピオンシップ優勝予想アンケート結果発表
★MotoGP2017オーストリアGP Q1結果
★MotoGP2017ミシュラン オーストリアGP決勝レースリリース
★MotoGP2017 ロッシ「7位でレースを終えてチャンピオンシップ争いは語れない。」
★MotoGP2017イギリスGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★御社のカスタムバイクを「気になるバイクニュース」でPRしませんか?
★MotoGP2017アラゴンGP 木曜プレスカンファレンス翻訳