★MotoGP2017イタリアGP 10位イアンノーネ「グリップが落ちるとコーナリングに問題が出る」

決勝レースではニッキーを追悼するスペシャルヘルメットを被って走ったイアンノーネ選手は10位という結果でした。完走、そしてポイント獲得は出来るようになっていますが、Ducati時代のような速さを発揮できずにいます。

Sponsored Link

アンドレア・イアンノーネ

「レース前半の出来に関しては満足しています。順位を回復してオーバーテイクも出来ましたし戦う事も出来ました。タイヤのグリップが落ちてきた際にバイクのパフォーマンスが変わってしまい、状況をコントロールするのに苦戦しました。同様にブレーキング、コーナリングスピードにも問題が出てしまいました。コーナリングスピードはGSX-RRの長所の1つなんですが、タイヤのグリップが落ちると状況が変わってしまうんです。」

「これに関しては現在作業を進めていることで、今回のレースは自分達にこの状況に関してどのように作業を進めていくのかという事に関する情報とアイディアを与えてくれました。ムジェロのようなサーキットで良いパフォーマンスが無いというのは残念です。ここでは常に高い戦闘力を発揮出来てきたわけですから。予選もまた決勝結果に影響を及ぼしました。とは言えハードに作業をしています。既にアイディアは持っていますので、バルセロナではしっかりと改善出来ることを願っています。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 なぜDucatiのフェアリングは、ルール上恐らく問題ないと言えるのか?
★MotoGP2017 ケーシー・ストーナー「勝っても負けてもロレンソは素晴らしいチャンピオン」
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「ビニャーレスが初めからここまで速いのには驚いた」
★MotoGP2017 アプリリア ムジェロでのプライベートテストは悪天候に祟られる結果に
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「現時点で何かを犠牲にするのは構わない」
★MotoGP2017フランスGP 7位フォルガー「レース序盤のペース改善が必要」
★トミー・ヘイデン「ニッキーは私たち家族の誇り」
★MotoGP2017カタルーニャGP 3位ペドロサ「最後は良い形でタイヤをセーブ出来なかった」
★MotoGP2017カタルーニャテスト イアンノーネ「このプロジェクトとスズキを信じている」
★MotoGP2017カタルーニャテスト マルケス「アシンメトリックタイヤが必要なサーキットは少ない」
★MotoGP2017ヤマハ 不調の原因を把握しているロッシ、困惑するビニャーレス
★MotoGP2017 シーズン前半戦をジジ・ダッリーニャが語る【Part2】
★MotoGP2017オーストリアGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017 来季のMotoGPクラスのシートを狙うルティ、シモン
★MotoGP2017イギリスGP ロッシ「良いレースをして戦闘力を発揮することが目標」
★MotoGP2017イギリスGP 予選3位クラッチロー「ターン13でミスをした」
★MotoGP2017サンマリノGP Q2結果
★MotoGP2017オーストラリアGP マルケス「最も重要なのはドヴィの前でレースを終えること」
★MotoGP2017マレーシアGP Q1結果
★スズキ 北米でハヤブサ、GSX-R750、GSX-R600の2018年モデルを発表