★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から7時間での順位

スロバキアリング8時間耐久の7時間での結果です。1位のGMT94ヤマハは変わらず、2位にはホンダ・エンデュランス・レーシングチームが上がってきました。3位はスズキ。エンデュランス・レーシングチームとなっています。

1位 GMT94 YAMAHA
2位 Honda Endurance Racing
3位 Suzuki Endurance Racing Team
4位 YART YAMAHA
5位 Yamaha Viltaïs Experience
6位 Voelpker NRT48 Schubert-Motors
7位 Team LRP Poland
8位 Bolliger Team Switzerland
9位 No Limits Motor Team
10位 MACO RACING Team

Sponsored Link

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★チームSRCカワサキがル・マン24時間耐久の総合ポールポジションを獲得
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム ル・マン24時間耐久は6番手スタート
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★ル・マン24時間耐久 8時間の時点でヤマハ2チームがレースをリード
★ル・マン24時間耐久 スタートから17時間後の順位
★ル・マン24時間耐久 優勝はGMT94ヤマハチーム
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから5時間後の順位
★スロバキアリング8時間耐久レース 予選総合結果
★鈴鹿8時間耐久ロードレース タイヤメーカーテストトップタイムはYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACINGの津田拓也
★"コカ・コーラ"鈴鹿8耐 公開合同テスト  7月11日 総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 27日の特別スポーツ走行総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 トップ10トライアル結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連覇を達成
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ランディ・ド・プニエ「8耐でホンダに乗ることが出来たのは本当に誇らしい」
★鈴鹿8耐2017 各メーカーのレースレポート
★2017-2018 FIM世界耐久選手権  開幕戦ボルドール24時間耐久には59チームがエントリー
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 予選1回目のトップはチームSRCカワサキ
★スズキ 世界耐久選手権2017-2018年シーズンの参戦体制を発表
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久予選 チームSRCカワサキがポールポジションを獲得 
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 開始から8時間での順位