★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト  7月13日 総合結果

鈴鹿で行われていた合同テストの3日目最終日にトップタイムを記録したのはMORIWAKI MOTUL RACING、2位タイムMuSASHi RT HARC-PRO、3位タイムはYAMAHA FACTORY RACING TEAMとなりました。4位タイムは2日目にトップタイムを記録したF.C.C. TSR Hondaとなり、5位タイムにはKawasaki Team GREEN、6位タイムにYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING と、各メーカーの役者が揃ったと言えるでしょう。なお合同テストは13日までで終了となり、次回は27日のフリー走行から走行がスタートします。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★チームSRCカワサキがル・マン24時間耐久の総合ポールポジションを獲得
★ル・マン24時間耐久 ウォームアップ走行トップはチームSRCカワサキ
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム ル・マン24時間を終えて3ポイントのリード
★ル・マン24時間耐久レース2位 YARTヤマハオフィシャルEWCチーム3選手のコメント
★世界耐久選手権(EWC) オッシャースレーベン8時間耐久レースが開幕!
★オッシャースレーベン8時間耐久 予選1日目各ライダーの結果
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から3時間での順位
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から6時間での順位
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 イエローライダー公式予選1
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 レッドライダー公式予選1
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チーム鈴鹿3連覇に向けて好発進
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 トップ10トライアル結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連覇を達成
★鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連勝、GMT94ヤマハが世界耐久選手権においてチャンピオンシップ優勝
★スズキ 世界耐久選手権2017-2018年シーズンの参戦体制を発表
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 開始から8時間での順位
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 波乱の幕開け
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 現チャンピオンGMT94ヤマハが完全優勝
★YARTヤマハ 新たなライダーラインナップを発表