★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 トップ10トライアル結果

本日行われたトップ10トライアルの結果です。1位はYAMAHA FACTORY RACING TEAMで、タイムは2’06.038と、今大会を通じてやはり圧倒的な速さ、安定感を見せつける形でポールポジションを獲得しました。2位はYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING、3位Kawasaki Team GREENとなっています。世界耐久選手権のチャンピオンシップ争いをしているチームという事で考えると、今回トップ10に入っているのは6番手となったYART-YAMAHAのみです。

Sponsored Link

明日はウォームアップ走行が8:30から行われ、決勝レースは11:30から開始される予定です。

トップ10トライアル順位

1 位 EWC YAMAHA FACTORY RACING TEAM 2’06.038
2 位 EWC YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING 2’06.282
3 位 EWC Kawasaki Team GREEN 2’06.381
4 位 EWC F.C.C.TSR Honda 2’06.600
5 位 EWC MuSASHi RT HARC-PRO. Honda 2’06.671
6 位 EWC YART-YAMAHA 2’07.634
7 位 EWC MORIWAKI MOTUL RACING 2’08.041
8 位 EWC Honda Suzuka Racing Team 2’08.178
9 位 EWC Team KAGAYAMA 2’08.616
10 位 EWC Satu HATI. Honda Team Asia 2’09.966

明日の詳細スケジュールは公式サイトよりご確認ください。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★YARTヤマハオフィシャルEWCチーム ル・マン24時間耐久予選1でポールポジションを獲得
★チームSRCカワサキがル・マン24時間耐久の総合ポールポジションを獲得
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★ル・マン24時間耐久レース優勝 GMT94ヤマハ3選手のコメント
★オッシャースレーベン8時間耐久 練習走行結果
★オッシャースレーベン8時間耐久 予選1日目総合結果
★オッシャースレーベン8時間耐久レースがスタート
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから3時間後の順位
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから5時間後の順位
★オッシャースレーベン8時間耐久レース総合結果
★ヤマハ 鈴鹿8耐3連覇を目指し、ファクトリー体制の2チームが参戦
★スロバキアリング8時間耐久レース 予選総合結果
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から5時間での順位
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から6時間での順位
★鈴鹿8時間耐久ロードレース タイヤメーカーテストトップタイムはYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACINGの津田拓也
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 特別スポーツ走行2回目結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 公式予選総合結果
★鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連勝、GMT94ヤマハが世界耐久選手権においてチャンピオンシップ優勝
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 予選1回目のトップはチームSRCカワサキ
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 開始から18時間での順位