★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連覇を達成

さて、今日の11:30からスタートしたFIM 世界耐久選手権の最終戦、そして第40回記念大会である鈴鹿8時間耐久レースが終了しました。終わってみればヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームの3連勝となりました。3年連続のポールポジション獲得からの3連勝という完全勝利となりました。2位はKawasaki Team Green、3位はF.C.C.TSR HONDAが獲得し、3メーカーが表彰台に載る結果となりました。

また、FIM 世界耐久選手権チャンピオンシップ順位については、スロバキアリング8時間耐久を終えた段階でスズキ・エンデュランス・レーシング・チームがGMT94ヤマハを1ポイントリードしていた状態ですので、チャンピオンシップ優勝はGMT94ヤマハとなりました。

Sponsored Link

”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 レース結果

ポジション ゼッケンナンバー クラス チーム名
1 21 EWC YAMAHA FACTORY RACING TEAM
2 11 EWC Kawasaki Team Green
3 5 EWC F.C.C.TSR HONDA
4 634 EWC MuSASHi RT HARC-PRO. Honda
5 7 EWC YART-YAMAHA
6 104 EWC Honda Dream Racing
7 12 EWC YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING
8 22 EWC Satu HATI. Honda Team Asia
9 3 EWC MotoMapSUPPLY FutureAccess
10 72 EWC Honda Dream RT SAKURAI
11 94 EWC GMT94 YAMAHA
12 90 EWC au&Teluru・Kohara RT
13 8 EWC BOLLIGER TEAM SWITZERLAND
14 10 EWC EVA RT WEBIKE TRICKSTAR
15 75 SST ITO・RACING・GMD&REDGRIFFIN
16 13 EWC Mistresa with ATJ Racing
17 71 EWC Team KAGAYAMA
18 1 EWC Suzuki Endurance Racing Team
19 6 EWC Titanium Power HOOTERS Racing
20 25 EWC Honda Suzuka RacingTeam

(※暫定結果となります。)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★チームSRCカワサキがル・マン24時間耐久の総合ポールポジションを獲得
★ル・マン24時間耐久 スタートから17時間後の順位
★ル・マン24時間耐久 優勝はGMT94ヤマハチーム
★オッシャースレーベン8時間耐久 予選2日目総合結果
★オッシャースレーベン8時間耐久レースがスタート
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから3時間後の順位
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから6時間後の順位
★オッシャースレーベン8時間耐久レース総合結果
★スロバキアリング8時間耐久レース 予選総合結果
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から5時間での順位
★ホンダ 2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズ 最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会 参戦体制について
★鈴鹿8時間耐久ロードレース メーカー合同テストトップタイムはMuSASHi RT HARC-PROの高橋巧
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト  7月12日 総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト  7月13日 総合結果
★スズキ・エンデュランス・チーム 濱原 颯道選手を3人目の選手として起用
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ブルーライダー公式予選1
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 トップ10トライアル結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 レースクイーンギャラリー
★鈴鹿8耐2017 各メーカーのレースレポート
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 開始から18時間での順位