★MotoGP2017オーストリアGP 決勝レース結果

オーストリアGPの決勝結果です。路面はドライ、気温23℃、路面30℃の中でレースは行われました。ポールポジションからスタートしたマルケス選手が良いスタートをしますが、リアにソフトタイヤを履くロレンソ選手がすぐにマルケス選手を交わしてトップへ浮上。ロレンソ選手は昔のレースを思わせる走りでリードを広げ後続との差を1秒としますが、それ以上の差を作ることが出来ません。

Sponsored Link

逆にハードタイヤを履くマルケス選手は、タイヤが温まったところでロレンソ選手をパス。その後もドヴィツィオーゾ選手、ペドロサ選手がロレンソ選手を交わしていきます。その後マルケス選手、ドヴィツィオーゾ選手が何度か順位を入れ替えながらレースが進んでいき、最後の数周はマルケス選手、ドヴィツィオーゾが激しくバトルする展開となり、最終ラップの最後のコーナー2つでマルケス選手が再びしかけるも、ドヴィツィオーゾ選手がこれを抑えて優勝。特に最終コーナーはインに無理やり飛び込んだマルケス選手のバイクが、ドヴィツィオーゾ選手のバイクの鼻先をかすめるというものでした。

これで優勝はドヴィツィオーゾ選手、2位マルケス選手、3位ペドロサ選手、4位ロレンソ選手、5位ザルコ選手、6位ビニャーレス選手、7位ロッシ選手、8位バウティスタ選手、9位バズ選手、10位にはなんとワイルドカード参戦のカリオ選手となりました。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP2位 ドヴィツィオーゾ「最後の5周はタイヤが終わっていた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「貴重なポイントを持ち帰る事が出来た」
★MotoGP2017フランスGP ロレンソ「デスモセディチが自分のバイクという感覚が強くなっている」
★MotoGP2017フランスGP 予選1位ビニャーレス「良い結果が出せると思っていた」
★MotoGP2017イタリアGP ロレンソ「ヘレス同様の競争力を発揮したい」
★MotoGP2017ミシュラン イタリアGPプレビュー
★MotoGP2017カタルーニャGP FP2結果
★MotoGP2017ミシュラン カタルーニャGP決勝レースリリース
★MotoGP2017オランダGP Q2結果
★MotoGP2017ドイツGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017チェコGP ロレンソ「新しいフェアリングのポテンシャルは高い」
★MotoGP2017 チーム代表が語るウイングレット/エアロダイナミクスの開発
★MotoGP2017イギリスGP 2位ビニャーレス「今日はベストと言える走りだった」
★MotoGP2017アラゴンGP マルケス「残り5戦はハードな戦いになる」
★MotoGP2017アラゴンGP予選3位 ロッシ「1列目を獲得出来たのは驚き」
★MotoGP2017アラゴンGP 3位ロレンソ「残り7周でトラクションが無くなってしまった」
★MotoGP2017日本GP ロッシ「毎年日本に来るのは楽しみ」
★MotoGP2017日本GP 優勝ドヴィツィオーゾ「最後まで諦めなかったのが鍵」
★MotoGP2017日本GP 9位ビニャーレス「タイトル獲得には自分の力以外の何かが必要」
★MotoGP2017ミシュラン 日本GP決勝レースリリース