★ヤマハ 新型「YZF-R15」のエンジンを搭載したプラットフォームモデル ネイキッドスポーツ「V-IXION R」 インドネシアで発売

ヤマハ発動機株式会社は、水冷155cm3 FI・VVA※1エンジン搭載の新型ネイキッドスポーツ「V-IXION R(ヴィクシオン アール)」を2017年8月からインドネシアで発売します。

Sponsored Link

「V-IXION R」は、現行V-IXIONシリーズの“アドバンスドエディション”として、今年4月に発売したスポーツモデル「YZF-R15」のエンジンとフレームを活用し、ネイキッドスポーツへと展開したプラットフォームモデルです。主な特徴は、1)優れたトルク&パワーを絞り出す「YZF-R15」同型の155cm3エンジン、2)レバー操作荷重を低減するA&S(アシスト&スリッパー)クラッチ、3)カラーリングやアンダーカウルの形状を一新した“プレミアムスポーツ”感漂う洗練されたスタイル、などです。

V-IXIONシリーズは、2007年の誕生からスポーティーなスタイルと走りの良さで人気を獲得し、スポーツモデルの代名詞として「YZF-R15」などのRシリーズとともに市場の牽引役となっています。現在、インドネシアの二輪市場は560万台規模※2で推移しており、スポーツモデルはそのうちの約10%を占めています。今回の「V-IXION R」では、日常の足としての実用性に加え、ツーリングを楽しめる走行性能を兼ね備えたスポーツモデルを望む20代独身男性のニーズに応え、走りの基本性能とプレミアム感を向上させました。
製造・販売はグループ会社 YIMM(PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行います。

※1 VVA:可変バルブシステム(Variable Valve Actuation)
※2 2016年当社調べ

「V-IXION R」

名称 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「V-IXION R」 2017年8月 28,800,000ルピア
(ジャカルタ店頭小売価格)
10万台
(発売から1年間、インドネシア国内)

<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP 今年は何名のライダーが優勝するのか?
★「XSR900」が世界的権威のデザイン賞で最高賞に選定
★MotoGP2017アルゼンチンGP ザルコ「バウティスタに付いていけなかった」
★BMW HP4 RACE写真ギャラリー
★MotoGP2017アメリカGP マーヴェリックの速さの秘密は何か?
★MotoGP2017アメリカGP予選5位 ザルコ「トップの選手についていって学びたい」
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「集中して最大限の力で走りたい」
★MotoGP2017イタリアGP ザルコ「ムジェロをMotoGPバイクで走るのは楽しみ」
★MotoGP2017カタルーニャGP 10位ビニャーレス「何が起きているのかわからない」
★ヤマハ 上級オフロードレーサーの最新カラーリングイメージを採用 キッズ向けファンバイク「PW50」2018年モデルを発売
★MotoGP2017ドイツGP 予選9位ロッシ「何が起きているのかわからない」
★ヤマハ 「&Y01」が「グッドデザイン賞」「iF Design Award」に続き世界的デザイン賞「Red Dot Award」コンセプト部門初受賞
★MotoGP2017イギリスGP ロッシ「良いレースをして戦闘力を発揮することが目標」
★MotoGP2017サンマリノGP ザルコ「トップ5で完走しポイントを獲得したい」
★MotoGP2017サンマリノGP フォルガー「多くのポイントを獲得したい」
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシの代役としてマイケル・ファン・デル・マークが参戦
★MotoGP2017アラゴンGP ファン・デル・マルク「走ることになればベストを尽くして楽しみたい」
★MotoGP2017アラゴンGP予選3位 ロッシ「1列目を獲得出来たのは驚き」
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてPCX HYBRIDを出展
★BMW EICMAでK1600 Grand Americaを発表