リン・ジャービス「今年中のロレンソのワイルドカード出場は難しい」

ホルへ・ロレンソ

今年レースが開催されるとしても、ドルナは観客の有無に関わらず各チームに最小人数でのレース参戦を求めるだろう。となると必然的にカットされるのがワイルドカードライダーとそのスタッフだ。

そもそもバイクのスペックは2021年末まで凍結されることが発表されており(※エアロボディーは除く)メーカーにとっても2020年シーズン中の開発の重要度は昨年ほどではないはずだ。本来は今年ワイルドカード参戦を予定していたホルへ・ロレンソの走りを見る機会は今年中に訪れないかもしれない。

ホルへ・ロレンソのワイルドカード参戦は難しい

リン・ジャービス

ホルへ・ロレンソに関しては今年のワイルドカード参戦は難しいでしょう。今年はレースを行うにしても参加人数をぐっと減らす必要があります。ワイルドカード出場となると、それだけで専任のスタッフが8〜9名必要です。ですから彼の今年中のワイルドカード参戦が実現するかどうかはわかりません。まずはバルセロナ、そしてもてぎで彼を走らせたいと思っていたんですけどね。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of michelin)