★MotoGP2017 10/23時点でのポイントスタンディング

オーストラリアGPを終えた時点でのポイントスタンディングです。チャンピオンシップ首位となっているのはオーストラリアGPで優勝したマルク・マルケス選手。2位のドヴィツィオーゾ選手は痛恨のミスで13位となり、マルケス選手との差は33ポイントとなり、残り2戦で獲得出来る最大ポイントが50ポイントであることを考えても、実質的にチャンピオンシップ優勝の望みは消えたと言えるでしょう。

Sponsored Link

3位となっているのはオーストラリアGPで久々に活躍を見せたビニャーレス選手、4位のロッシ選手はオーストラリアGPで2位となったことでペドロサ選手をチャンピオンシップスタンディングにおいて抜いています。5位はペドロサ選手。6位はオーストラリアGPでも大暴れしたヨハン・ザルコ選手。今年のルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得も間違いないでしょう。7位ロレンソ選手、8位ペトルッチ選手、9位クラッチロー選手、10位フォルガー選手となっていますが、フォルガー選手は今週末に引き続き最終戦バレンシアも欠場するものとみられます。

順当に行くと今週末にマルケス選手がチャンピオンシップ優勝を果たす形になりそうですが、こうして振り返ってみるとカタルーニャGP以降、マルケス選手が表彰台を逃したのはエンジンブローでレースを終えたシルバーストーンのみだという事がわかります。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP FP2結果
★MotoGP2017 KTM ヘレスGP後にビッグバンエンジンのテストを予定
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP3結果
★MotoGP2017ホルへ・ロレンソ「Ducatiの乗り方を理解した後は、他の誰よりも前に行ける」
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「目標は常にDucati最高位でレースを終えること」
★MotoGP2017ヘレスGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★トミー・ヘイデン「ニッキーは私たち家族の誇り」
★MotoGP2017イタリアGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017オランダGP FP3結果
★MotoGP2017ドイツGP ペドロサ「カレンダーの中でもお気に入りのトラック」
★MotoGP2017ドイツGP 金曜のMotoGPクラスの走行はそれぞれ10分間延長
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「シーズン後半はトップ10で完走出来る」
★MotoGP2017イギリスGP ロッシ「チャンピオンシップ争いをしている未来を想像出来ない」
★MotoGP2017 ロレンソ「ライディングスタイルを少し変えた。未来は明るい」
★MotoGP2017サンマリノGP ロレンソ「集中力の低下で転倒してしまった」
★MotoGP2017 Ducati”サラダボックス”の中身はマスダンパー?ジャイロスコープ?
★MotoGP2017日本GP 8位ザルコ「レースで接触するのは普通のこと」
★MotoGP2017オーストラリアGP ミラー「足の回復具合は、ほぼ100%」
★MotoGP2017マレーシアGP ロッシ「フィジカル面ではもう問題ない」
★MotoGP2017マレーシアGP ドヴィツィオーゾ「マルクと戦うのは常に大変」