★MotoGP2017 10/23時点でのポイントスタンディング

オーストラリアGPを終えた時点でのポイントスタンディングです。チャンピオンシップ首位となっているのはオーストラリアGPで優勝したマルク・マルケス選手。2位のドヴィツィオーゾ選手は痛恨のミスで13位となり、マルケス選手との差は33ポイントとなり、残り2戦で獲得出来る最大ポイントが50ポイントであることを考えても、実質的にチャンピオンシップ優勝の望みは消えたと言えるでしょう。

Sponsored Link

3位となっているのはオーストラリアGPで久々に活躍を見せたビニャーレス選手、4位のロッシ選手はオーストラリアGPで2位となったことでペドロサ選手をチャンピオンシップスタンディングにおいて抜いています。5位はペドロサ選手。6位はオーストラリアGPでも大暴れしたヨハン・ザルコ選手。今年のルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得も間違いないでしょう。7位ロレンソ選手、8位ペトルッチ選手、9位クラッチロー選手、10位フォルガー選手となっていますが、フォルガー選手は今週末に引き続き最終戦バレンシアも欠場するものとみられます。

順当に行くと今週末にマルケス選手がチャンピオンシップ優勝を果たす形になりそうですが、こうして振り返ってみるとカタルーニャGP以降、マルケス選手が表彰台を逃したのはエンジンブローでレースを終えたシルバーストーンのみだという事がわかります。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP9位 アレックス・リンス「多くの事を学んだ」
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「今年は良いレースにしたい」
★MotoGP2017アメリカGP クラッチロー「COTAはセットアップに時間がかかる」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント レプソルホンダ
★MotoGP2017 イタリアGP(ムジェロ戦)から2016年型フロントタイヤを使用
★ミシュラン モータースポーツの伝説であるヘイデン選手へ最後のお別れ
★MotoGP2017イタリアGP フォルガー「初めてのムジェロで自信を持って走行出来ている」
★MotoGP2017イタリアGP FP3結果
★MotoGP2017イタリアGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017カタルーニャGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017オランダGP3位 マルケス「今日は最終ラップだけプッシュした」
★MotoGP2017チェコGP 3位ビニャーレス「良い週末でなかったことを考えると良い結果」
★MotoGP2017チェコGP ロレンソ「ピットインの合図をもらったが、バイクが用意されていなかった」
★MotoGP2017ブルノテスト アレイシ・エスパルガロ「トップスピードは上位のバイクに接近している」
★MotoGP2017 Marc VDSレーシング トーマス・ルティを起用。2018年はルーキー2人体制に
★MotoGP2017サンマリノGP ドヴィツィオーゾ「レースではマルケスとペドロサに注意」
★MotoGP2017 Ducatiジジ・ダッリーニャ「マルケスのように限界で走るライダーと戦うのは難しい」
★MotoGP2017マレーシアGP Q1結果
★MotoGP2017バレンシアGP ザルコ「マルケスについて行きたいし、優勝争いもしたい」
★MotoGP2017バレンシアGP ジジ・ダッリーニャ「技術的に大きく前進したシーズンだった。私はロレンソを信じている」