★MotoGP2018 セパンテスト1日目 中上「バイクに良いフィーリングがあった」

セパンテスト初日は12番手という素晴らしいタイムを記録したナ中上選手。これはルーキーとしてはトップのタイムでした。幸先の良いスタートと言えるでしょう。

Sponsored Link

セパンテスト初日12位タイム 中上 貴晶

「素晴らしい初日でした。MotoGPバイクでセパンを走るのはこれが初めてです。厳しいコンディションでしたが、ドライコンディションで多くの周回を重ねることが出来ました。メカニックと共にMotoGPバイクの性能を出し切るのに何が必要かの理解を深めることが出来ました。走る度に進展がありましたし、バイクに対して良いフィーリングがありました。1日の終りには自分としては初めてソフトリアタイヤを使用し、ラップタイムは極めてよかったですね。全体的に良かったのはバイクに対して良いフィーリングがあったこと、そしてミシュランタイヤの理解が深まったことでしょう。これが自分達の目標でした。そういう意味では良い1日目でした。明日またどうなるかですね。」

<LCRホンダ>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link