★ヤマハ“スポーツツーリング”最高峰モデルとしての存在感を演出 スポーツツアラー「FJR1300AS/A」のカラーリングを変更

ヤマハ発動機株式会社は、1,297cm3水冷4ストロークDOHC・直列4気筒エンジンを搭載し、長距離ツーリング性能とスポーツ性能を兼ね備えたスポーツツアラー「FJR1300AS」および「FJR1300A」に新色を設定し、2018年2月20日より発売します。

Sponsored Link

2018年モデルは、新色1色を含む2色設定です。今回発売する新色の「マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)」は、質感とスポーティーイメージを両立させるマットブルーをベースカラーに採用し、ヤマハのもつスポーツツアラー最高峰モデルとしての存在感を演出しています。ソリッドなダークグレーをベースカラーに、高品質なイメージを表現する人気の「ダークグレーメタリックN」は継続販売します。

なお、「FJR1300AS」は、標準モデル「FJR1300A」に対し、クラッチ操作不要でシフトチェンジが可能なYCC-S(ヤマハ電子制御シフト)、電動調整サスペンション、コーナーリングランプ(LED)などを採用した上級モデルです。

名称 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「FJR1300AS」
・マットダークパープリッシュブルーメタリック1(ニューカラー/マットブルー)
・ダークグレーメタリックN(ダークグレー)
2018年2月20日 1,836,000円
(本体価格 1,700,000円/消費税136,000円)
200台
(年間、国内)
「FJR1300A」
・マットダークパープリッシュブルーメタリック1(ニューカラー/マットブルー)
・ダークグレーメタリックN(ダークグレー)
1,512,000円
(本体価格 1,400,000円/消費税112,000円)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。
<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 マルケス新型カウルを使用
★ホンダ 「Dio110」に新色を追加し発売
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「良いペースだということが最も重要」
★マン島TT、TTXGPなどで活躍したTork 初の市販電動バイクとなるT6Xを発表
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「ビニャーレスが初めからここまで速いのには驚いた」
★MotoGP2017イタリアGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017カタルーニャGP FP3結果
★MotoGP2017オランダGP ロッシ「アッセンで新しいシャーシをどう感じるか楽しみ」
★MotoGP2017ドイツGP 2位フォルガー「今日のレースは今までの優勝よりも嬉しい」
★ヤマハから2018年型X-MAX 400が登場
★MotoGP2017オーストリアGP7位 ロッシ「12周目に以降にリアタイヤのグリップが落ちてしまった」
★MotoGP2017イギリスGP ロッシ「良い週末にして表彰台を狙いたい」
★ヤマハ バイクライフサポートアプリ『RevNote by つながるバイク』とバイク専用ナビゲーションアプリ『ツーリングサポーター』とのサービス連携を開始
★MotoGP2017アラゴンGP ビニャーレス「ウェットでこんなパフォーマンスではタイトル争いは出来ない」
★ホンダ 第45回 東京モーターショー2017発信概要
★MotoGP2017マレーシアGP ロッシ「父よりも母のほうがセッティングなどのアドバイスをくれる」
★ヤマハ発動機 応募締め切り間近!ヤマハ発動機ペーパークラフト20周年特別企画。”スケてて切れてる”パーツシートを20名様にプレゼント。
★スズキ ターボエンジン搭載のリカージョンに関して新たな噂
★MotoGP2018 ヨハン・ザルコ「ファクトリーの2人よりも前でゴールすることが目標」
★MotoGP2018 ビニャーレス「M1を新しいサーキットで乗りたくてウズウズしている。」