★Emflux Motors デリーAuto Expo 2018でEmflux ONEを発表

Emflux Motorsはインドの新興電動バイクメーカーで、今までに電動スポーツバイク「Model 1」を発表しています。今回、デリーAuto Expo 2018で発表された「Emflux ONE」はこのモデルの製品版と言える車両で、75Nmのトルク、71馬力相当のパワーを発揮します。乾燥重量は169kgと軽量です。サスペンションはオーリンズにアップグレードが出来るほか、ブレーキはブレンボ製とのこと。

タイヤサイズはフロントが120/70 ZR17、リアが180/55 ZR17となり、ピレリのDiablo Rosso II を履きます。ABSを装備する他、車体はフレーム、スイングアームともにトレリス構造を採用します。車体はホイールベース 1395mm、シート高が810mmとなっています。人が一緒に移っている写真がないため実際のサイズ感が掴みにくいですが、ホイールベースは自体は国産の600ccのスーパースポーツとほぼ同等です。

Sponsored Link

Emflux Motorsプレスリリース

Emflux ONEはスーパーバイクのプロポーションとアグレッシブさを持ち、電動車両の静粛性と落ち着いた印象を併せ持ちます。デザイン上のアイディアは、大きく美しく流れる表面、シャープなしっかりとしたラインと共に持つということでした。電動技術はクリーンで美しいもので、車体デザインはこのエモーションを湛えている必要があります。Emflux ONEのボディパネルはファイバーグラスによって手作りされています。しかしデザインは単純に外部パーツによるものだけではありませんし、見た目だけに限るものではありません。

実際には内部の機構などもデザインの一部と言えるのです。その為、デザイナーはメカニカルエンジニアと機能美を備えたデザインに取り組みました。ブレーキ、タイヤ、サスペンションを除く術のコンポーネントは、デザイン、製造も全て内製によるものです。

トレリスフレームはシンプルでシャーシとしての機能を追求しており、適正な剛性とダイナミックなハンドリンクを実現しつつ軽量に仕上がっています。内製された9.7kWhのバッテリーパックは、このバイクにおいて最も思いパーツの1つです。トレリスシングルサイドスイングアームは、インド市場においては初と言える挑戦的なものです。これもまた最小限の重量で最大限の剛性を確保しています。60 kWのモーターはシングルギアボックスを備え、マスの集中化に貢献しています。

一般的に市場に流通しているドライブトレインには十分なパワーがないため、Emfluxのエンジニア達は全てのコンポーネントを内製することにしました。全てを内製したことで、全てのエレクトロニックコンポーネントが一体となって調和しています。

ドライブトレインはバッテリーパック、BMS(バッテリーマネジメントシステム)、オンボードチャージャー、モーターコントローラー、モーターから成っています。このドライブトレインは存在する電動バイクの中でも最も強力なサーキットと言えます。例えばモーターコントローラーは2kgの重量がありますが、ケース、ヒートシンクを含めた重さで、60kWのパワーを持っています。バッテリーのチャージに関してはWARPチャージャーを使用します。これは法整備がされれば高速道路、その他の場所に整備されるでしょう。

Emflux ONE 主要諸元

シャーシ、ライト
フレーム:チューブラースチールトレリス
サブフレーム:チューブラースチールトレリス
スイングアーム:チューブラースチールトレリス
ライト:フルLED
ボディパネル:軽量グラスファイバー(カーボンファイバーにアップグレード可能)

サスペンション
フロントサスペンション:43mm倒立フォーク(オーリンズへのアップグレードが可)
リアサスペンション: 46mmモノショック(オーリンズへのアップグレードが可)

ブレーキ
フロントブレーキ:300mmダブルディスク、 ブレンボモノブロック4ピストンラジアルマウントキャリパー
リアブレーキ:シングル220mmディスク、ブレンボキャリパー
ABS:デュアルチャンネルABS

タイヤ、ホイール
フロントタイヤ:120/70 ZR17 Pirelli Diablo Rosso II
リアタイヤ:180/55 Pirelli Diablo Rosso II
ホイール:キャストアロイ(鍛造にアップグレードが可)

ディメンション、車重
ホイールベース:1395mm
シート高:810mm
レイク:23.5°
ステアリングアングル:64°(ロックtoロック)
乾燥重量:169 Kg
最大荷重:200 Kg

バッテリー
バッテリーパック:Emflux™ リチウムイオンバッテリー、水冷モジュラーバッテリーパック
容量:9.7 KWh
チャージシステム:Emflux™ WARP Charger™
チャージ時間:WARP Charger™を使用して80%まで36分/15Aのチャージャーで3時間
クーリングシステム:水冷
バッテリーパックIP 保護等級:IP 67

モーター
最大トルク: 84 Nm (コントローラーによって75Nmに制限)
最高出力:60kW (コントローラーによって53 kW (71馬力)に制限)
パワートレインIP 保護等級:IP 67

ドライブトレイン
一時減速比:58:19
ファイナルドライブ:チェーンドライブ
トランスミッション:ダイレクトドライブ

保証
バッテリー保証:100,000Kmまたは5年
バイク自体の保証:100,000Kmまたは5年

パフォーマンス
トップスピード:200km/h
0-100 Km/hまでの加速:3秒
市街地での航続距離:200km
高速での後続距離:150km

エレクトロニクス
ディスプレイ:6.8インチタッチスクリーン
カメラ:フロント2つ、リア1つ
ナビゲーション:GPSシステム
Bluetooth、WiFi、4Gによる通信が可能
パーキングアシスト:最高速度3km/hに制限が可能


<Emflux Motors プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ハーレーから2017年型 Street Rod(ストリートロッド)が登場
★KTM 2ストロークインジェクションエンジンを開発。2018年モデルとして市販へ
★Vyrus 986M2ストリートバージョン 予想価格を€37,940(※約446万円)に変更
★ホンダ ロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」のスタイリングを刷新し走りを熟成させ発売
★ヤマハ 北米向け新型クルーザーモデル「Star Venture」を発売
★二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した原付一種スクーター「ジョグ CE50ZR」 Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定発売 現行「ジョグ」シリーズも...
★BMW S1000RRの2018年モデルは2017年モデルを継続
★スズキ、新型125ccスクーター「アドレス125」を発売
★ホンダ 50㏄原付スクーター「タクト」のカラーバリエーションを変更するとともに国内排出ガス規制対応を施し発売
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてHonda Riding Assist-eを出展
★ホンダ 平成28年度排出ガス規制に対応した原付ビジネススクーター「ベンリィ」シリーズを発売
★ドゥカティ・ワールド・プレミア2018がいよいよ明日開催!
★ホンダ EICMA2017(ミラノショー)出展概要 ~ニューモデル「CB1000R」「CB300R」「CB125R」「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」を世...
★ヤマハ発動機 人気のロードスポーツモデルのカラー&グラフィックを変更 2018年モデル「YZF-R3 ABS」「YZF-R25/ABS」を発売
★Ducati 将来的にスクーター、電動バイクの製造にも乗り出す可能性あり
★ヤマハ発動機 ハイエンドモデルとのリレーションを強調したニューカラー&グラフィックを採用 ロードスポーツ「MT-03」「MT-25」2018年モデルを発売
★ヤマハ シアンカラーとメッキパーツの組み合わせがレトロな印象を強調 原付一種スクーター「ビーノ XC50D」 新色を発売
★2018年型 DucatiパニガーレV4 についてわかった24のこと
★ホンダ 第14回デリーオートエキスポ 2018でニューモデル「X-Blade(エックスブレイド)」と新型「Activa(アクティバ)」を世界初公開
★スズキ セミオートマチック・トランスミッションを新型隼向けに開発?