★ヤマハ 2017年型YZF-R6のスペックなどを公開。

2017年型YZF-R6のスペック、発売時期や価格(※欧州市場での)などが明らかになりました。なお、日本では発売開始時期は6月以降とのこと。

洗練され、再設計され、卓越したものとなった

多くのヨーロッパのスーパースポーツ、レースファンはRワールドの一部になりたいと願うことでしょう。そしてそれを待つ時は終わりを告げるのです。新型YZF-R6がヤマハディーラーの店頭に初めて並ぶのは、4月中旬となり、エキサイティングな新世代のスーパースポーツに乗る機会がすぐそこまで迫っています。

Sponsored Link


外観は次世代Rシリーズのデザインに加え、象徴的なYZF-R1の外観にインスパイアされたフェイス部分となっています。洗練された電子制御技術、YZF-R6として最高のエアドダイナミクスを持つこのエキサイティングな新型モデルは、全てのスーパースポーツセグメントへの、ヤマハのコミットメントと言えるでしょう。

エンジンは14,500回転で118.4馬力を発生、トルクは10,500回転で6.3kg-mとなっており、599ccの直列4気筒エンジンはEU4の排気ガス規制に適合しており、YZF-R6として史上初めての先進的な電子制御を搭載しています。

先進の6段階トラクションコントロールシステムは、異なるモードを走行中に選択可能で、優れた加速性実現のために新型のクイックシフトシステムを搭載。その他にもYZF-R1の様々なテクノロジーを採用し、全体的な正確さとコントロール性能の向上などが、YZF-R6をよりシャープなものとしています。YZF-R1M、YZF-R1、YZF-R3YZF-R125と合わせて、新型のYZF-R6は、全てのお客様に本物のスーパースポーツのパフォーマンスを体験する機会を提供します。

純正アクセサリーで自分だけのバイクに

ヤマハは幅広いレンジの純正アクセサリーを用意しています。この中にはYZF-R6のオーナーが、パフォーマンスとスタイリングをカスタマイズ出来る公道使用不可のレーシングパーツがあり、これを使用することで、オーナー達はユニークで個性的なレースマシンを作る事が出来ます。これら純正アクセサリーの中にはフルレースエキゾースト、公道OKのマフラー、軽量のビレットガード、プロテクターなどがあります。この中にはブレーキレバー、クラッチレバー、リアシートカバーやスクリーンなどが存在し、さらにもっと沢山のアクセサリーがラインナップされています。

発売開始時期

2017年4月中旬(※欧州市場)

価格

市場によって異なる
<ヤマハモーターヨーロッパ プレスリリース)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ヤマハ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★MotoGP2017 ヨハン・ザルコ「初めてのMotoGPレースに興奮」
★MotoGP2017ヘレスGP ザルコ「ヘレスで、バイクをどのようにコントロール出来るか楽しみ」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選4位ビニャーレス「タイヤ左サイドのスピンが問題」
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「今年はタイヤとM1、トラックの相性が良くない」
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「バイクのフィーリングは向上している」
★バジャージ 今年100,000台のKTMとハスクバーナの生産を目指す
★MotoGP2017 ウィルコ・ズィーレンベルグが語るビニャーレス
★MotoGP2017オーストリアGP ザルコ「MotoGPバイクに乗ってどんなレースになるか楽しみ」
★MotoGP2017イギリスGP ザルコ「目標はトップ選手達とバトルをすること」
★ホンダ 原付三輪スクーター「ジャイロX」「ジャイロキャノピー」の法規対応とメンテナンス性を向上し発売
★MotoGP2017アラゴンGP ビニャーレス「自分達ならやれると信じる事が重要」
★Triumph(トライアンフ)からボンネビル ボバーブラックが登場
★ホンダ 新型モデルと思われる「Neo Sports Café」のティザー映像を公開
★MotoGP2017日本GP ビニャーレス「フロントは最高だがリアに問題あり」
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてPCX ELECTRICを出展
★ホンダ EICMAで2018年型のCB1000Rを発表
★MotoGP2018 エルヴェ・ポンシャラル「2019年にザルコを引き止める事は出来ないだろう」
★MotoGP2018 ヨニー・エルナンデスが正式にフォルガーの代役としてセパンテストに参加
★スズキ 2018年型GSX-R1000R/GSX250Rの新色を発表